【ウクレレで子守唄】子供に発音を覚えさせるのは早ければ早いほど良い

こんにちは、発音トレーナーDr.Dです。2017年の1月にウクレレを買って始め、もうすぐで1年が経ちます。

子守唄用に始めたウクレレ

もともとギターが弾けたのでウクレレもなんとなくは弾けます。ただギターより静かなので子守唄とかに良いかなと思い買ってみました。

それからというものほぼ毎晩こうやって赤ちゃん抱っこして歌っちゃってます!けっこうでかい声で歌っているにも関わらずそれはもうスヤスヤと眠ってくれます(笑)

毎日英語の歌を歌ってやる理由

普段歌っている子守唄(結構うるさい子守唄ですが・・・)は、もっぱら英語の曲です。

といいますのも、物心付く前から英語の音に馴染んで貰いたいと思うからです。やはり英語の発音に慣らすのは早ければ早いほど良いと考えています。

英語の発音は早いうちから

文法やボキャブラリー云々ではなく、単純に英語の音を言葉として認識出来るようになって欲しいわけです。

英語の勉強は後で興味をもってからでもかまわないと思っています。それが幼稚園でも小学校でもかまいません。

ただ、英語の学習を始めた時に、英語の音を既に体で覚えているのと、そうでないのとでは雲泥の差が生まれるのだと思います。

始めから英語の音を言葉として認識出来ている状態、また楽に発音できる状態だと英語が素直に体に入ってくるので、それだけ英語力の伸びが期待できます。

Dr.D
About Dr.D 563 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.