LとRを間違えると「着いたよ」と言ったつもりが「私は生きてる」と聞こえている

この記事は発音トレーナー認定講座のレポート課題で受講生によって書かれたものです。

「l/r」の区別があいまいだと起こる問題

英単語には「read/lead」の様に「l」と「r」を区別しなくては違う意味になってしまうものが数多く存在する。(前回の記事の「s/sh」と同様に

そして日本語の「ら行」はどちらかと言うと唸り声を出す「R」よりも舌を弾く「L」(Light L)の方に近い。

たとえば①「I arrived」を②「アイアライブ」と発音すると③「I’m alive!」と聞こえる。

この様に、[r]と[l]も、発音を混同したままに喋る事で、誤解を招きかけないのはもちろんである。逆に、発音できるようになると[l][r]の違いを聞き取れるようになる。

l/rの使い分けのコツ

多くの場合、文脈が発音力をカバーしてくれることも多いが、スピーキング力・リスニング力双方の強化の意味でも、二つを区別して発音できるようになることが望ましい

Lの発音

[l]のサウンドは、舌先を歯茎に当て、口から息を逃しながら喉を鳴らして声を漏らすのがポイントである。この際に、あごは下に下げるようにし、舌の裏が相手に見えるぐらいに位置させる。そして、舌が動かないように気をつける。

Rの発音

[r]は舌を少し奥に引いて、口をちょっとすぼめるようにする、そして音程を落として唸り声をあげるのが基本である。

音がなかなか”こもらない”とという人は、「舌の両側面を両上奥歯の内側に押し込み当てつつ、舌の先端はどこにも当たらない」という形を作りつつ、音程を落とし唸り声をあげるように発音すると良い。

また、口はちょっとすぼめるようにするものの、唇を突き出しすぎると[w]の音になってしまう。唇に頼りすぎずに舌のポジションと唸りでしっかり音を作るのがポイントになる。

l/rが連続する発音をマスター

これら[l]と[r]それぞれを使い分けるトレーニングとして、両子音をミックスして発音するトレーニングが有効だが、この際、それぞれの子音の舌のポジションをより強く意識し、コントラストをつけるとよい。

[l]の場合は舌が前の方に伸びているが、[r]の時は舌が後ろの方に格納されている状態である。このニュアンスの違いで差をつける。また、[l]は明るいトーンで発音し、それと対極に[r]は音のトーンを思い切り下げて発音する事を意識するのも有効である。

l/rの発音エクササイズのおすすめ動画

The following two tabs change content below.

Yukiko Funabashi

Yukiko Funabashi

英語学習コーチ / 講師 / MC(日・英) MC・ナレーターとして約10年のキャリアを積んだ後、語学コーチングスクールに入社、英語学習コーチへ。在籍中7年で、ビジネスパーソンからエグゼクティブまで約4000人の英語力UPをサポート。2017年4月、語学コーチングスクールを退職し独立。 エグゼクティブ・ビジネスパーソンを中心にオーダーメイドの英語学習コーチングを提供する傍ら、講師ほか、MC・ナレーター(日・英)としても活動している。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 新規会員登録
学習塾向けプログラム
学習塾向けプログラム:地域唯一の「発音クラス」設置校になりませんか?他校との差別化が図れ「地域でオンリーワン」の学習塾になれます。発音に自信が無くても、Dr.Dの動画に沿って発音指導を行って頂くので大丈夫です。

Leave a comment

Your email address will not be published.