2017年度、発音コース新規受講生データ【国内・海外比率・国別・地域別・年齢別・職業別など】

おかげさまでドクターDイングリッシュは開業から8年、法人化してから4年目の決算を迎えることが出来ました。皆様本当にありがとうございます。

2017年度(2017年10月〜翌9月)の発音コース受講生のデータをまとめてみました。どんな人が発音を勉強しているのか、ということがよく分かるデータです。

このデータは本年度に発音コース体験レッスンを受講された107名のデータに基づいています。入会率は70%で本年度の新規顧客数は75名で、年間生徒数は155名でした。

(注)法人契約や動画コースの受講者はここには含まれません

国内・海外比率

前年度と同じ様に海外からの受講者はおよそ25%、4人に1人が海外からの受講です。海外に行ってから始めて「こんなにも聞き取れず、通じないとは思わなかった」という理由で受講される方が圧倒的です。

海外・国別

やはり英語の本場アメリカが圧倒的に多い。私自身も経験がありますが、カナダやオーストラリアなどとは比べ物にならないほど、アメリカは英語が出来ないと相手にされません。

あとは東南アジアの駐在員、現地社員、その奥様も結構いらっしゃいます。既存の生徒さんはシンガポールが一番多い印象です。

国内・地域別

やはり圧倒的に学習意欲が高い人がいるのが首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)。分母としては首都圏の人口が3,800万人、近畿が2,200万人。関西はもうちょっと頑張って欲しいものです(笑)

職業別

分母が大きいのでやはり会社員が一番多いが、際立つのが教員・講師の比率がかなり高いところ。これは大学教授、准教授、講師、教員、塾講師を含みます。

あとはMBAを含む留学生も11%なので比率は高め。ちなみに「その他」は芸能人、政治家、個人投資家でした。

そしてよく思うのが、受講生を一同に集めるとすごいことが起きそうという事。まぁ無理ですが。

年齢別

やはり社会の第一線で活躍しているノリにノッた30代が圧倒的。そして40代、50代もまだまだ多い。ちなみに性別は男性65%、女性35%といった感じです。

トラフィック

どの様にしてドクターDイングリッシュを知ったのか、というデータです。YouTube比率が前年度の42%からかなり減りました。その代りに検索が47%から70%まで増えています。

ちなみにWeb広告(Adwords)も少しやってはみましたが、無駄にアクセスが増えるだけでコンバージョン率を下げただけでした。

紹介の比率も1%ですが増えました。ありがとうございます!

 

 

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 新規会員登録
学習塾向けプログラム
学習塾向けプログラム:地域唯一の「発音クラス」設置校になりませんか?他校との差別化が図れ「地域でオンリーワン」の学習塾になれます。発音に自信が無くても、Dr.Dの動画に沿って発音指導を行って頂くので大丈夫です。

Leave a comment

Your email address will not be published.