WpFormsに日本円での支払い機能を追加する方法

WpFormsの支払い通貨には日本円が無い

WpFormsの有料プラン(Pro)を利用すると、コンタクトフォーム送信からそのままPayPal支払いページに進める機能が使えます。

しかし問題は支払い設定の通貨に日本円が無いことです。タイのバーツがあるのに、「なぜ国際通貨である日本円が無いのか!」っと思ってしまいます。

色々と調べた結果、functionファイルにコードを追加することで日本円を追加する方法を見つけました。

支払い機能は有料プラン(Pro)が必要

この支払機能をWpFormsに追加するためには、有料プラン(Pro以上)に入らなくてはなりません。初年度は2万円ほどで、2年目からは4万円のサブスクみたいです。

Templates PackとPayPalアドオンを追加する

そしてワードプレスにインストールした後、以下のアドオンを追加します。

日本円を使えるようにする方法

Setting画面から支払い通貨の設定を行うのですが、日本円の選択肢がありません。なので日本円が使えるようにコードを追加します。

こちらのfunction.phpファイルに以下のコードを追加します

/wp-content/plugins/wpforms/pro/includes/payments/functions.php

'JPY' => array(
'name' => esc_html__( 'Japanese Yen', 'wpforms' ),
'symbol' => '¥',
'symbol_pos' => 'left',
'thousands_separator' => ',',
'decimal_separator' => '.',
'decimals' => 2,
),

請求書Templateを使ってフォーム作成

上記アドオンを追加すると「請求書・注文書」テンプレが利用できるようになります。

このテンプレを使うと、このように送信ボタンが「支払いボタン」となります。ボタンの文字は好きに変えることが出来ます。

PayPalの設定を忘れずに

フォーム編集画面からPayPalの設定を行います。支払先のPayPalアドレスを入れて、モード選択でテストも行えます。

これで完成です。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 会員登録

Leave a comment

Your email address will not be published.