【動画】英語を腹式呼吸で発音するための呼吸法について

今回の動画のテーマは、

「英語を腹式呼吸で発音する為の呼吸法」

についてです。

 

前回の動画でお話したように、

英語は基本腹式呼吸で発声されます。

 

なので、いくら口の形舌の形などを

ネイティブと同じにしても

同じ音が出ない訳です。

 

それよりも、

英語発音はブレスの要素が大きい言語です。

基本、子音(息)をベースに作られています。

 

なので英語発音矯正の基礎作りのため、

「腹式呼吸」を習得することは、

とても大切なのです。

 

Dr.D
About Dr.D 572 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。