【喉発音】英語発声ちゃんと出来てる?セルフチェック方法

05/17/2021 0

日本語の発声は・・・

・喉の開きが狭く、緩みも少ない

・呼吸量が少なくても話せる

この発声のまま英語を話すと・・・

・子音の輪郭は聞こえづらい

・カタカナ英語(息が途切れる)

英語の発声は・・・

・呼吸と息の流れが深い

・リンキングや子音の輪郭が自然に発生しやすい

・声が共鳴する Read More

Elon Musk聞き取りチャレンジ 発音はシラブルで聞け

05/13/2021 0

今回の練習手順

①シラブルで発音

 ・一つ一つの音を確認

 ・リンキングのポイントなどを確認

 ・一息でフレーズ全体を発音

②ストレスでリズムを付ける

 ・ストレスの位置を確認

 ・リズムを安定させる

発声トレーニング

<喉奥で声を響かせる>

・あくびをして喉奥を開く

・声を奥から出す(漏らす) Read More

発音でリスニングが飛躍する5つの理由

05/10/2021 0

発音できれば聞き取れるのか?

実際、多くの方のリスニングが良くなっている

聞き取れる5つの理由

1. 英語はカタカナで発音されていないから

2. 自分が発音できる音は聞き取れる

3. 発声法を知ると様々な音声変化がつかめる

4. 発音リズムを知ると理解スピードが向上

5. シラブルで聞き取れる Read More

【英語のリズム②】機能語の短縮発音を一挙紹介

05/06/2021 0

意外と多くの単語が短縮

フレーズ発音では多くの短縮発音が使われている

at, of, in, on, for,

is, are, it’s, she’s

so, and, or

where, what

共通点は1シラブルの機能語という点

文章中の短縮発音

短縮発音の単語は内容語に軽く添える感覚で発音されている Read More

【英語のリズム①】内容語とフレーズアクセント

05/03/2021 0

フレーズの発音リズムについて
・英語はStress timed language
・ストレスを中心に発音されている
 He is one of the best teachers in the world.
・ストレスは主に内容語に置かれる
・内容語以外は短縮されて発音される傾向にある
では、内容語の見分け方は? Read More

【鬼トレ】英語習得への道は筋トレだ

04/29/2021 0

英語学習の落とし穴
・100知っていても、使えるのは10以下
・「知っている」のと「使える」は大違い
・体が覚えているフレーズだけとっさに出てくる
・フレーズは声に出して「鬼の反復練習」
・発音を体に叩き込め
鬼の反復練習のリソース
英語が書いてあれば何でも練習材料になりうる
・ストーリー本
・洋画、海外ドラマ
など Read More

【簡単に出来る】Dr.D流シャドーイング

04/26/2021 0

シャドーイングとは

音声から0.1〜0.5秒程遅れて

あとを追うように発音するトレーニング方法

<目的>

・リスニングやスピーキングを鍛える

・ネイティブスピードで理解

シャドーイングの2つの要件

①練習題材を読んでほとんど理解出来る

②同じスピードで発音が成り立つ

TEDの場合、まぁまぁ上級者じゃないと成り立たない Read More

【効果絶大】英語は息を10倍吐くと通じる

04/19/2021 0

聞き取ってもらえない理由

・原因の99%は息が足りない(息吸ってる?)
・子音の摩擦や破裂が聞こえない
・英語発音の7割は子音(すなわち息の音)
・母音の発音に頼りすぎ(日本語は7割母音)

息を発音に絡めないと英語は通じない!
日本語の10倍は息を吐こう Read More

1 2 3 25