ブラック系(黒人)のリズミカルな英語を聞き取る方法

Black(黒人系)の英語は日本人にとってはかなり聞き取りづらいと思います。それでは、どうしてCaucasian(白人系)の英語よりもBlackの英語が聞き取れないのでしょうか?

Black(黒人系)が話す英語の特徴

Black(黒人系)が話す英語はかなり特徴が強く聞くと一発でブラックの英語だと分かります。そこで黒人系が話す英語の特徴を捉えた上で、どのようにすれば彼らの英語が聴き取りやすくなるのかを解明してみたいと思います。

まずはこの動画の英語を聞いてみて下さい。ちゃんと聞き取れますか?そんなに難しい事は言っていません。タイトルのProcrastination(グズグズする事、怠慢)という単語以外はTOEIC700点くらいのボキャブラリーでカバーできます

アクセントの起伏が激しい

Black(黒人系)が話す英語はアクセント(強音)とリダクション(弱音)の差がかなり激しい。いきなりガツーンとアクセントをおいたかと思うと、いきなりストーンと音を落とします。

ストレス音のタイミングがリズムになっている

白人が話す英語よりもストレス音が一定のリズムに乗って話されています

I don’t believe in the word…
タータンタ・タータンタ・ター

言葉のリズムが跳ねている

これは周知の黒人のリズムのとり方の特徴ですが、彼らのリズムは自然とシャッフル(ハネる)します

これは彼ら独特のリズム感覚で、例えばドラムを叩かせてもトレーニングしない限り、自然と音がハネてしまい、ストレートのリズムを刻むほうが難しいようです。

このリズムの特徴がJazzやHip Hopなどのハネたグルーブを生み出しています

白人リズムの例:タータン・タータン・タータン
黒人リズムの例:タータ・タータ・タータ

言葉のテンポが早い

アクセントとリダクションの起伏が激しく、リズムがシャッフルし、さらにリズムもどんどん食い気味になるので、まくし立てる感じになり、その結果テンポ感はかなり早くなります。

特にリダクション(減音)されている部分がかなり省略されるので、その分スピードは早く感じます。

Black(黒人系)英語を聞き取る方法

Blackが話す英語の特徴をあげましたが、それらは英語そのものの特徴でもあります。それがかなり大げさにされているのです。なので、聞き取る方法は前回の記事でも紹介した「ストレス音を追って聞く」という方法でいけます。

それではこの動画のスクリプトを見ながら音声を聞いてみましょう。それでストレス音を追うような形で聞いてみましょう。そうするとストレス音が綺麗にリズムになっているのがわかると思います。

I don’t believe in the word, procrastination. Like I don’t really believe in that word. I told a young lady in Australia who told me she was a procrastinator. I said, “Look, if I told you to meet me here tomorrow at 5 AM and I‘m gonna give you three million dollars, where would you be?”…
The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Leave a comment

Your email address will not be published.