【衝撃の事実】ボイトレで英語が上手くなる?

その昔私Dr.Dは英語専門のボイトレ講師をしていました。その時の生徒さんから英会話の発音矯正を頼まれることが多くあり、ボイトレをそのまま英会話のトレーニングに適用したところ驚くほど効果があった。今回はそんな話を交えながらボイトレで英語を発音するトレーニングを実際に行ってみました。

ボイトレとは

英語発音はボイストレーニングで上達する

・西洋の言語を歌うためにある
・喉を開いて息の流れに声を乗せる(複式発声)
・声の質感がどんどん英語仕様になる

Dr.Dは元ボイトレ講師

・英語専門のボイトレを教えていた
・ボイトレを英会話トレーニングに転用
・驚くほど効果的だったのでどんどん発展させる
・発音の質感がごろっと変わる
・英語が聞き取りやすくなる
・そして通じやすくなる

ボイトレの原点

喉を開いて息の流れに声を乗せる
・のどちんこを宙ぶらりんにする
・その状態で息を吐きながら声を出す
・これがいわゆる腹式発声

Hi〜Hi〜Hi〜Hi〜|My〜My〜My〜My〜
初めはものすごく不安定な状態

腹式発声でフレーズ発音

why – tell – about
Why don’t you tell me about
some – previous – work – experience
some of your previous work experience?
Alrighty.
last – job – publishing
My last job was in publishing.
fired – having – sex
I got fired for having sex
cleaning – woman
with the cleaning woman.

まとめ

発音矯正に限界を感じたら
ボイトレで英語仕様の声を作ろう!

喉を開いて息の流れに声を乗せる

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Avatar photo
About Dr.D 535 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTubeでは古株英語系YouTuberの一人だが登録者数はイマイチ伸びず未だ7.5万人(2022年時点)。趣味はカヤックフィッシングで連日大物を釣り上げ冷凍庫は常に魚でいっぱいです。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.