【完全ガイド】発音習得プロセスを紹介 何から始めれば良いかが分かる

YouTube appで観る

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約700名、発音トレーナー19名が在籍
・3日サボると、その先もきっとサボる

発音習得のプロセス

日本人の大人の場合

①フォニックス ⇒シンプルな単語 (CVC)
②発声 ⇒単語発音からフレーズ発音
③リズム ⇒よりフルーエントな発音
④コピーイング ⇒イントネーション
⑤スピーキング ⇒話す練習

①Phonics

Phonicsで単語の発音が出来るようになる

A is for apple, a, a, apple
B is for bus, b, b, bus
C is for cat, c, c, cat
D is for dog, d, d, dog

⇒”dad”のスペルが読める

フォニックスの動画

②発声(フレーズ発音)

ネイティブは育つ段階で英語を発音するための
「発声」が自然と出来上がるが日本人は後から習得

・音がつながる理由
・声が立体的にひびく

My dad is a super star.

発声の動画

③リズム(フルーエンシー)

英語は日本語と違い発音のリズムが重要

・全てをハッキリ発音すると余計に通じない
・強弱より発音のリズムが重要

My dad is a super star.

リズムの動画

④コピーイング⇒真似る練習

英語上級者はみんなやってきた練習法
フレーズごとに一時停止して繰り返す

・イントネーションが分かる
・ボキャブラリも増える
・日常シーンをメインに練習
・自分の専門分野も

コピーイングの動画

⑤スピーキング⇒話す練習

コピーイングで得たフレーズをアウトプットする

・主語を変えて話す I⇒He
・フレーズを引用して話す

A few years ago,
I broke into my own
house.

スピーキングの動画

まとめ

①フォニックス⇒シンプルな単語 (CVC)

②発声⇒フレーズ発音(子音、母音含む)
③リズム⇒フルーエントな発音

④コピーイング⇒イントネーション
⑤スピーキング⇒話す練習

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 466 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.