ワーホリで語学学校へ行かずに初めから働くという選択<最終回>

こんにちは。英語発音トレーナーのDr.Dです。僕がワーホリ(ワーキングホリデー)でカナダに行った時のことを連載しています。特に僕自信がそうであったように、ワーホリで語学学校へ行かずに最初から働きたいと考えている方に何かしらのヒントになればと思います。

海外で路上バンドデビュー

歌とギターをトロント在住の日本人相手に教えるようになってから色々なつながりが出来始めたというお話を前回しました。そしてとある路上バンドに誘われ、週に3回ほどダウンタウン中心の路上で演奏するようになりました。日本人と韓国人を合わせたメンバー6人くらいのバンドです。(毎回多少の変動がありました)これが後にトロント在住の日本人の中で話題になったMore than Wordsというバンドです。

この路上バンドの始まりはとある日本人がスーツケースをドラムセットに見立てて一人で路上パフォーマンスを始めたのがキッカケでメンバーが集まり始め、この時はセンターにフルートの女の子が二人とドラム、ベース、ソプラノサックス、ギターが主なメンバーでした。曲は70年代のソウル・ファンクの名曲カバーをインストでやっていました。

そこにギターとボーカルとして加入することになったわけなんですが、活動を続けるうちにこのバンドがかなり注目を得ることになり、色々なお誘いを受けるようになっていきました。例えば結婚式での演奏や、ビジネスパーティーでの演奏、また大きかったのはテニスの国際大会のロジャース・カップでの演奏など。どんどんと仕事が舞い込んでくるようになってきました。

<2007年More than Words演奏風景>

日本の路上バンドでは考えられないくらいにチップも集まり、多い時には2,3時間の路上演奏で600ドルほど入っていました。主要メンバーは僕が加入した1年後にいなくなったのですが、その後は僕がそのバンドのリーダーを引き継ぎ、メンバーチェンジを繰り返しながらもこのバンドは存在し続け、2008年には世界最高峰のJazzイベント、Toronto Jazz Festivalにまで主演するに至りました。なんとその時のギャラは1400ドル、当時1ドル120円程だったので日本円で一日16万8千円です。

<レストランでの演奏風景>

仕事も日常的に入るようになり、メンバーを振り分けながら、レストランでのレギュラー出演、アルマーニなどを扱っている高級ブランド店でのセールスパフォーマンスなど、様々な仕事をこなしました。ラジオ出演、テレビ出演も何度かありました。

DSC02349

この経験が今の僕を作っていると言っても過言ではないほど、僕のカナダ生活の大部分を占めていたこのバンドでの活動。これ以外にも他のアーティストのサポートや作曲などの仕事もしていましたが、やはり今となってもこのバンドでの思い出が一番大きいです。懐かしすぎて涙がでます(*^^*)

噂では最近までこのバンドを引き継いで活動していたという話も聞いています。もしかしたら今もまだトロントの何処かで活動しているのかも知れません。そういう話を聞くととても嬉しくなります。

当初は病気の療養のために渡ったカナダでしたが、まさかこんな結果になるとは夢にも思いませんでした。それにこうやっているうちにも肌の状態はみるみる良くなり、カナダに渡って1年足らずで完治することも出来ました。乾燥した空気とストレスフリーな生活が良かったんだと思います。

これで今回の連載「ワーホリで語学学校へ行かずに初めから働くという選択」を一旦終了したいと思います。6日に渡って読んでいただいた方、ありがとうございます。ご質問やご感想などございましたらコメント欄に書き込んで頂けると返事を差し上げたいと思います。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

2 Comments on ワーホリで語学学校へ行かずに初めから働くという選択<最終回>

  1. Tatsuya Satoh // 06/22/2016 at 3:23 AM // 返信

    こんにちは ドクターD 様
    いつも ドクターD の記事を読まさせいただいている
    佐藤 竜也 というものです
    ワーホリの話を読みました
    トロントへ行く前の話は 想像外でした 驚きました
    トロントでの 生活の話は 読んでいて とても 興味深く
    海外でなければ 体験出来ないこと感じました
    意外な結果に なったことはとてもいいことです
    私も 海外で 実現したいことがあるので 意外な結果と
    出会うこと それはどんなことか 考えるこがあるかもしれない

    • 佐藤さん コメントありがとうございます。今海外、もしくはこれから海外に住まれるのでしょうか。海外にすむと良い意味でも悪い意味でも日本の常識や感覚では測れない違った世界がありますね。その色んな経験が血となり肉となり人間を形成していくものだと思います。

Leave a comment

Your email address will not be published.