発音コースの受講生はどの位の頻度でどの位レッスンを継続しているのか

発音コースの体験レッスンでこのような質問がよくされます。

みんな大体どのくらいの頻度でレッスンを受けているのか?

みんなどの位継続しているのか?

体験の受講者もそうですが、ご入会されてレッスンを受けていらっしゃる方にとってもこれは気になるところだと思いますのでデータを分かりやすく大まかに取ってみました。

発音コース受講生のレッスン頻度

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-9-40-42

週1ペース:大体半分が週1ペースで受けられています。このペースは既にある程度英語が話せ、発音にクセが少ない人に対してオススメしているペースです。

このペースの大半は10回コースで申し込まれています。とりあえずやってみて様子を見ましょう、という感じで始められています。

またある程度長期で受講されている方は少しづつペースを落としていくので、成長に応じて週1で安定して受講されている方が多いです。

週2ペース:その次に多いのが週2回ペース。発音にカタカナの影響が強かったり、また英語のレベルも中級者以下である場合、週2ペースをオススメしています。

特に発音のクセが強い場合、レッスンの間が空きすぎるとすぐに元に戻ってしまうからです。ある程度発音が馴染んできたらペースを週1にしていくという流れをオススメしています。

この場合は大体20回コースで申し込まれています。ある程度回数をこなす場合は入会金(5,000円)がかからない20回コースのほうがお得です。

週3ペース:全体の10%程の受講生が週3でレッスンを受けています。これは夏休みを利用して集中的に発音矯正を行いたい、だとか、スピーチコンテストやプレゼンが控えているのでそれまでになんとかしたい、というような緊急性があるケースが殆どです。

この場合、集中期間は週3で行いますが、それが終わると週1にペースダウンさせて後は安定的にコースを進めていきます。

週1未満:2週に1度や、1ヶ月に1度のペースの受講生もおられます。これは1年以上など長期でレッスンを受けられている方で一通りのプログラムは終了しているが、その後も定期的に英語や発音をみてもらいたいという希望でこの様なパターンが成り立っています。

どのくらいレッスンを継続しているか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-9-40-23

発音コースに申し込む時は、10回か20回かで選んで頂きます。実際にコースを始められたら分かると思いますが、プログラムの内容は10回では終わりません。

プログラムは「発声編」「リズム編」「子音編+実践」「母音編+実践」と続きますが、10回だと平均的にみて「発声編」が終わるくらいです。しかし発声編を習得するだけでもかなり英語の捉え方が変わるので、リスニングが急に良くなったり、また急に通じやすくなったりはします。

私としては英語声プログラムのもっとも基礎となる「発声編」と「リズム編」は習得して頂きたいと思っています。それを終わらすには最低でも20回は要します。

この様な流れで行っていますので、このプログラムが合わないと思われた方以外は基本的には20回以上のレッスンを受けられています。現に今年の統計でおよそ9割の方が最低20回のレッスンを受講されています。

これからコースに申し込まれる方は参考にして頂ければと思います。

ちなみに一番長い方でドクターDイングリッシュを始めた2011年から受講されているので、かれこれ5年のお付き合いのある方もおられます。とても有り難いことです。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ