【動画】英語は喉の力を抜いて息を漏らしながら発音、桃太郎の英語バージョンで再現

間もなく総再生数が40万回に届きそうなDr.DのYouTubeビデオですが、また今回新しい動画をアップしました。

今回のテーマは英語の声の出し方についてです。日本語の声が平坦なのに比べて英語の声は抑揚があるという印象ですが、それは具体的にどの様にしてそうなっているのかという説明を動画でしてみました。

無理に抑揚をつけようとすると力んでしまいかなり不自然な発音になってしまいます。英語発音のポイントは喉の力を抜いて息を漏らしながらかる~く行うことです。

 

余談ですが、今発音コースの体験レッスン資料をもう一度作り直しているところです。まだ完成ではないので以前のものを使っていますが、より初めてでもわかり易い内容にしようと色々と試行錯誤してやっています。

冒頭に発音チェック用の文章を設けたんですが、「桃太郎」の英語バージョンを使ってみました。英語で桃太郎を見るのもまた新鮮味があって面白い。印象が少し変わりますね。

「昔々あるところに・・・」が Once upon a time となるわけですよ。なんか随分洒落た感じになります。

「おじいさんとおばあさんが住んでいました」は There lived an old couple in a small village です。なんだかおばあさんがロッキンチェアで暖炉の前で編み物でもしているかのような雰囲気になります(笑)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-21-36-17

Dr.D
About Dr.D 550 Articles
発音ディレクター@ドクターDイングリッシュ:Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで「英語の声になれる本」(KADOKAWA出版)の著者。音楽専門学校のボイトレ講師を経て、2011年に英語発音専門スクール|ドクターDイングリッシュを開校。2019年4月現在、生徒数約250名、講師7名のスクールに成長。 ★毎週月木21時YouTube更新

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.