カタカナっぽい「T/D」発音を一瞬で治す方法!

カタカナっぽく聞こえる「t/d」発音の典型的な例

ストレス子音としての「t/d」の場合

tip」や「adapt」など、ストレス子音としての「t/d」を発音する際にこれらのポジション、舌が上顎に付いている状態で息をせき止めている状態でタメ(休符)が作れていない。

・タメ(休符)の状態から母音につなぐ際にブレスの破裂音が十分に出ていない。舌は出来るだけ柔らかい状態で、しっかりとお腹の底からブレスを吐出して破裂音を作ります。

オーディオで違いを確認しましょう

音節末の「t/d」の場合

「cat food」や「would like」などの音節末の「t/d」で本来存在しない母音が絡んでいる、また音を弾きすぎて次の音の邪魔をしているケース。英語発音では音節末の「t/d」は休符を入れるような感じで使われます。上顎に舌を置き、息を一時的にせき止めます。

オーディオで違いを確認しましょう

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスター発音トレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Leave a comment

Your email address will not be published.