伝わる英語は『声』の出し方が日本語とはまったく違う!

口の形や舌の位置などを直しても発音は治らない

英語を発音する時に、口の形や舌の位置などに注目しがちですが、英語は日本語とは全く異なる発声法で発音されているため、例え形だけを正しても発音はあまり成り立ちません。

まずは英語らしい声の出し方を覚え、それを基本にして発音を整えます。

日本語と英語の発声の違い


英語の発音はしっかり喉を開いて、さらにブレスの流れを利用して一気に吐き出すようにして発音します。

そうすると英語らしいダイナミックな『声』となり、それだけで英語はかなり伝わりやすくなります。

喉の共鳴を作る

① 軽くアクビをして喉を開き、
② 声を喉の奥へ引っ張るようにして発声、
③ 喉がビリビリと振動しているのが感じられる

Now I’m starting to learn
how to pronounce English properly

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスター発音トレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Leave a comment

Your email address will not be published.