母音の発音に口の形は関係ない 無理な口の動きは出来るだけ控えよう

無駄な動きを控える

今回は「英語の発音に口の形は関係ない」、大げさに口を動かしてもあんまり意味がないという話をちょっとしてみたいと思います。

まず、ネイティブの口は実はあまり動いていないのが洋画や海外ドラマを観ると分かるかと思います。

今日のポイントは「口の無駄な動きをやめないと滑らかに発音できない」ということです。

出来るだけ最小限の動きで音を出せる様にしていったほうが、英語らしいスムーズに流れる発音になります。

母音は喉の共鳴音

特に母音に関しては口の動きは関係ありません。大事なのは「声の響かせ方」です。

日本人にとっては「ah(father), ae(apple), uh(up)」の3つの母音さえ押さえておけば大丈夫です。

あとは「喉の奥で響かせる」英語らしい声の出し方さえ出来れば問題ありません。

どうして母音の発音に口の形が関係ないかという理由ですが、まず母音が作られる声の仕組みは以下の通りです。

母音の作られ方

1.息が声帯に絡むことで声が作られる
2.声が声門を通過するときに母音が作られる

なので口をどの様に動かそうが、その前に母音の共鳴は出来ちゃっているわけです。

要するに母音は声門の形に一番影響を受けるわけです。声門とは「喉」の事です。もっと正確には軟口蓋と舌の付け根の間です。

母音のコントロール

喉の形をコントロールする事で母音の響きを変えることが出来ます。声門の形は舌の付け根を上げたり、下げたりする事で変わります。

Apple /ae/の時は、舌の付け根を持ち上げて声門を潰す
Father /ah/の時は、舌の付け根を押し下げて声門を開く
Up /uh/の時は、咳をする様にそのまま短く声を漏らす

この様なアプローチで母音を捉えると、もっとはっきりとした英語らしい深い響きの母音になります。

 

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 新規会員登録
学習塾向けプログラム
学習塾向けプログラム:地域唯一の「発音クラス」設置校になりませんか?他校との差別化が図れ「地域でオンリーワン」の学習塾になれます。発音に自信が無くても、Dr.Dの動画に沿って発音指導を行って頂くので大丈夫です。

Leave a comment

Your email address will not be published.