英語発音の正しいフォームは「息と声とリズム」から成る

今回の動画では英語を発音する上で、日本人が意識したい最も基本的なフォームについてお話しています。

①ブレスフローの安定
②声の共鳴
③ストレスのタイミング

これらが英語を発音する上でもっとも基本的な要素で、イギリス英語もアメリカ英語、オーストラリア英語でも同じことが言えます。

一つ一つ紐解いていくと以下のようになります。

①ブレスフローの安定
ワードグループ単位のリンキングと子音の輪郭

②声の共鳴
ストレスがしっかり共鳴している

③ストレスのタイミング
ストレスを頭拍で捉えて、しっかり間を取ること

People back home call me a heckler,
a troublemaker, an irritant, a rebel, an activist,
the voice of the people.
But that wasn’t always me.

Growing up, I had a nickname.
They used to call me Softy,
meaning the soft, harmless boy.
Like every other human being,
I avoided trouble.
In my childhood, they taught me silence.
Don’t argue, do as you’re told.
In Sunday school,
they taught me don’t confront,
don’t argue, even if you’re right, turn the other cheek.

今回使用したTEDの情報はこちらです。

Boniface Mwangi | TEDGlobal 2014 The day I stood up alone
https://www.ted.com/talks/boniface_mwangi_boniface_mwangi_the_day_i_stood_up_alone/transcript

Dr.D
About Dr.D 547 Articles
発音ディレクター@ドクターDイングリッシュ:Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで「英語の声になれる本」(KADOKAWA出版)の著者。音楽専門学校のボイトレ講師を経て、2011年に英語発音専門スクール|ドクターDイングリッシュを開校。2019年4月現在、生徒数約250名、講師7名のスクールに成長。 ★毎週月木21時YouTube更新

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.