英語の70%は子音なのだ!子音が輪郭で母音が色付け的な感じ

こんにちは、英語発音トレーナーのシータしょうこです。今回の動画では子音についてお話しします。

英語は70%が子音で出来ている?

今まで母音の使い分けがとても重要ですとお伝えしてきましたが、実は英語は7割が子音で構成されている言語です。

ですので、子音で輪郭をしっかり作っておかないと、いくら母音が使い分けできていても、輪郭がぼやけて伝わりづらくなってしまいます。

例えば、

sometimes (sum taims)(子音と母音に分けて発音してみる)

このように、ほとんどが子音なんですね~

日本語は、子音が母音と一緒に発音されるのですが、

英語は、ずれて発音されます。

子音、ブレスが先に出て、後から、母音を発声する感じです。

sometimes (sum taims)←もう一度分けてゆっくり言ってみる

子音を目立たせる2つのポイント

ではここで、ポイント!子音を絡めるために気をつけたいこと!

1、ポジションを緩める

口元が堅いと、ブレスが逃げる空間がないので、

出来るだけルーズに、口元をリラックスさせて話しましょう。

練習の時はできても、実際会話やスピーチになると固くなりがちなので、

英語を話す時はこのポジション、と自然になるまで、練習を続けましょう。

2、ブレスをにがす

ポジションを緩めて隙間ができたら、そこからブレスを逃がしましょう。

子音は、口の中のどこかしらにブレスを当てて出す音です。

どこに当てたら一番強く音が出るのか、少しずつ舌や歯をずらしながら、

音の出る位置、ブレスのあたる場所を探りましょう。

H hhhh F fffff Ssssss SH shshshsh Z zzzzz ZH zhzhzhzh

このように子音だけを発音する練習をしてみてください。

Sometimes I’m scared of you(Britney Spears lyrics)

日本語は、他の言語と比べて、声を張った状態で話す言語なので、

ブレスを逃す、とかルーズに発音する、とかいう感覚自体が難しいと思います。

できれば、ブレスはずーっと出続けている状態、

つまり、一息で一文を言えるようになるとスムーズです。

声の出し方を変えるだけで、通じやすくなる!と思って、

継続してトレーニングしていきましょう!

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 会員登録

Leave a comment

Your email address will not be published.