英語の70%は子音なのだ!子音が輪郭で母音が色付け的な感じ

こんにちは、英語発音トレーナーのシータしょうこです。今回の動画では子音についてお話しします。

英語は70%が子音で出来ている?

今まで母音の使い分けがとても重要ですとお伝えしてきましたが、実は英語は7割が子音で構成されている言語です。

ですので、子音で輪郭をしっかり作っておかないと、いくら母音が使い分けできていても、輪郭がぼやけて伝わりづらくなってしまいます。

例えば、

sometimes (sum taims)(子音と母音に分けて発音してみる)

このように、ほとんどが子音なんですね~

日本語は、子音が母音と一緒に発音されるのですが、

英語は、ずれて発音されます。

子音、ブレスが先に出て、後から、母音を発声する感じです。

sometimes (sum taims)←もう一度分けてゆっくり言ってみる

子音を目立たせる2つのポイント

ではここで、ポイント!子音を絡めるために気をつけたいこと!

1、ポジションを緩める

口元が堅いと、ブレスが逃げる空間がないので、

出来るだけルーズに、口元をリラックスさせて話しましょう。

練習の時はできても、実際会話やスピーチになると固くなりがちなので、

英語を話す時はこのポジション、と自然になるまで、練習を続けましょう。

2、ブレスをにがす

ポジションを緩めて隙間ができたら、そこからブレスを逃がしましょう。

子音は、口の中のどこかしらにブレスを当てて出す音です。

どこに当てたら一番強く音が出るのか、少しずつ舌や歯をずらしながら、

音の出る位置、ブレスのあたる場所を探りましょう。

H hhhh F fffff Ssssss SH shshshsh Z zzzzz ZH zhzhzhzh

このように子音だけを発音する練習をしてみてください。

Sometimes I’m scared of you(Britney Spears lyrics)

日本語は、他の言語と比べて、声を張った状態で話す言語なので、

ブレスを逃す、とかルーズに発音する、とかいう感覚自体が難しいと思います。

できれば、ブレスはずーっと出続けている状態、

つまり、一息で一文を言えるようになるとスムーズです。

声の出し方を変えるだけで、通じやすくなる!と思って、

継続してトレーニングしていきましょう!

Dr.D
About Dr.D 563 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.