日本の英語教育に発音指導を導入すべき理由

発音スクールを運営していると「こんなにも発音で苦労している人たちがいるんだ」と思います。それも圧倒的に多いのが駐在員やMBA,ロースクール生など普段から英語を使う立場にある人です。

日本人の英語は発音だけが足りない

普通そのレベルの人だと、英語のボキャブラリも十分にあってTOIECも900点以上あったりするので、何も問題ないでしょって思いますよね。

しかし皆口を揃えて「こんなにも自分の英語が通じないとは思わなかった」と言います。そのくらい日本で勉強した英語は「発音」の部分だけが抜け落ちているのです。せめて海外で通じるレベルの発音力は必要です。

日本人の英語発音は海外では通じないという現実

国内で英語を使っていたときは問題なく通じても、海外に出た途端に通じないといった現象はよく起こっています。

これは日本にいる外国人、また日本人と頻繁に話す機会のある外国人は日本人の話す英語に慣れているんですね。なので多少発音が悪くても汲み取ってくれたりするわけです。

しかし、例えばアメリカに行くと日本人なれしている人は殆どいません。そこで多くの日本人は声は小さいし、ぶつ切れの発音で話すから何いっているか全く分からないってなるケースが多いわけです。

発音による負の連鎖

通じないから自信を喪失して、あまり話さなくなってしまいます。話さなくなると基本受け身になるのでアメリカに限らず国際的な社会では置いてきぼりを喰らいます。

これでは折角のスキルも活かすことは出来ずチャンスを掴むことも出来ません。せっかく意気揚々と海外で勝負しようという時に、発音力が足を引っ張ることになってしまいます。

カタカナ発音はもはや違う言語

もちろん国や地域によって英語の訛りがあります。インド人の話す英語、中国人の話す英語、フランス人の話す英語など特徴はさまざまです。

しかし私が思うに多くの日本人の英語発音は実際の音からかけ離れすぎていて、もう単なる「訛り」の領域を超えて別言語になってしまっています。これがカタカナ英語です。

学校でも英語は発音から学ぶべき

思えば学校の英語の時間でも英文に対してカタカナでふりがなを打って読んでいました。この英語の覚え方は絶対にやめなければなりません。

英文を読ませる前に、まず基本的な発音を学校でも教えるべきでしょう。カタカナでふりがなを打ったりせずに、英語の音で読めるように練習しなくてはなりません。

そうすると大人になってこれほど発音で苦労する必要もなくなるんじゃないかと思います。

Dr.D
About Dr.D 372 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.