【超解説】TEDで発音とリスニング練習【The power of women’s anger】

明けましておめでとうございます。発音ディレクターDr.Dです。今回が2020年1発目の動画になります。

しばらく毎週月曜19時に更新

まずはお知らせです。

去年は月木で週2本のペースでYouTubeを更新してきましたが、これからしばらくは毎週月曜19時の週1本だけにしようかと思っています。

動画コースのコンテンツを更新

というのも、現在新しい公式テキストVer.8を作成中で、もうすぐ完成するんですが、それに沿って動画コースのコンテンツを更新していくことになります。

そのためにYouTubeの方はしばらくペースを落としていくことになりますので、
どうかよろしくおねがいします。

今回は初心者も対象の詳細解説

新年1発目の動画はTEDの冒頭部分をネタにして発音練習を行います。

今回は比較的初心者でも分かりやすいように、詳細に解説を入れながら進めていきたいと思います。

スピーカーの発音を完全把握する

そしてこの動画で発音練習し終わったあとには、完全にこのスピーカーの発音が把握出来ている状態になっている事を目指します。

発音でリスニングは伸びる

いつも動画でお話しているように、発音が分かると英語が聞きやすくなります。

そして発音練習を色んなネタで繰り返すことで、大体どんなものでも聞き取れるようになります。

まずは今回の練習範囲を聴いてみましょう。

練習の手順

①シラブルをはっきりさせる
②ストレスを置いてリズムを付ける

Soraya Chemaly
The power of women’s anger

So sometimes I get angry,
/sou sum taimz zai get an gry/
・sometimes I をリンク
・get angryはangryを強調させるため音を切る

and it took me many years
/an nit took mi me nee yeerz/
・and it は /n/ でリンク
・many years を /y/ でリンク

to be able to say just those words.
/tu bi yei bul tu sei just thouz werdz/
・be ableは /y/ でリンク
・just の /t/ を止めて thoseにつなぐ

In my work,
/in mai werk/
・inの/n/を弾かずにmyへつなぐ

sometimes my body thrums,
/sum taimz mai bah di thrumz/
・sometimes の /m/ を弾かない
・thrumsのthは突っ込んで入る

I’m so enraged.
/aim sou en reijd/
・so enragedは 軽い/w/ でつなぐ

Dr.D
About Dr.D 362 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.