【内容語・機能語】ストレスを置く単語・置かない単語

今回は英語のリズムを形成しているストレスについてお話しました。

英語のリズム基礎

◆ 英語はStress-timed language
ストレスで拍を取るように発音される言語

I lost my wallet in the train
/aiLAAST – maiWAALet – intheTREIN/

内容語と機能語

◆ 内容語を中心に捉えて発音
内容語にストレスを置いて発音され、
機能語は通常「弱形」で内容語に添える感じで発音

I lost my wallet in the train
/aiLAAST – maiWAALet – intheTREIN/

安定感のある発音とは

◆ ストレスがテンポよく置かれる発音
ストレスを置く内容語がテンポよく発音されることで、内容が直で伝わる発音になる(リスニング時もこの内容語を中心に理解する)

内容語をチェック

And I’m humbled by the trust and confidence you’ve placed in me.
I pledged to be a president
who seeks not to divide but unify,

who doesn’t see the red states and blue states,
only sees the united states
and work with all my heart
with the confidence of the whole people
to win the confidence of all of you.

まとめ

・英語は内容語を中心に捉える
聞くときも、話すときもストレス中心

・テンポよく発音
内容語から次の内容語へジャンプする

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 387 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.