【発音の強弱】滑らかにストレスを置く3つの技、自然なフレーズ発音を習得

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約700名、発音トレーナー19名が在籍
・最近はよく40cmほどのサバが釣れる

ストレスとは?

・英語は強弱の「波」を描きながら発音する
・内容語のストレスシラブルが強、それ以外は弱

ありがちな問題

It doesn’t make a difference to me

1.強弱はあるが滑らかにつながらない
2.ストレスシラブルが短い
3.弱をハッキリ発音しすぎる

解決する3つの技

1.ブレスを吐き続けながら発音
2.ストレス子音を突っ込んで入る
3.弱の発音は独立させない

1.ブレスを吐き続けながら発音

<エクササイズ>
h〜(5秒)
h〜ah〜h〜ah〜h〜ah〜(息を止めない)
hah ha, hah ha, hah ha(強弱の波)
hah ha, hah ha, hah ha, haunted x3
The house must be haunted

2.ストレス子音を突っ込んで入る

<エクササイズ>
s〜(5秒)
s〜ah, s〜ah, s〜ah (子音をツッコミ気味に)
sailent x3
You should keep silent.

3.弱の発音は独立させない

<エクササイズ>

m〜(5秒)
m〜ah, m〜ah, m〜ah (子音をツッコミ気味に)
ma mah ma mah ma mah
My mom said x3
it’s time for me x3
to come back home x3

フレーズエクササイズ

I enjoy kayak fishing that I just started this year.
What I love about it is how casual I can enjoy off-shore jigging. Whenever the weather is good, I take my kayak on car top and head to the beach, take off the shore and go for the big fish. What’s more than this?

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 449 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.