【Let it be】衝撃!子音でここまで変わる英語発音

子音はただ舌の位置があっていればよいというものではありません。英語は子音が思いのほか長く発音されています。そして日本語の子音はそれに比べてかなり短い。この点を意識するだけでもあなたの英語は根本から変わります。

カタカナ発音と英語発音を比較

Let it be… を歌って検証

カタカナ⇒子音が浅い
英語⇒子音が深い

子音とは

発音は子音と母音で構成
LET, BAG, ROOT

・母音は発音の音色 Bass
・子音は発音の輪郭 Drums

フレーズで発音すると音が繋がる

Let it be / let it bee /
⇒ /le dit bee/(リンキング)
⇒ /le dit bee/(ストレス)
ストレス頭の子音を深く発音する

Let it beでエクササイズ

When I find myself in times of trouble, Mother Mary comes to me

Speaking words of wisdom,
“let it be”

And in my hour of darkness,
she is standing right in front of me

Speaking words of wisdom,
“let it be”

まとめ

Beatlesはイギリス人だが
わざわざアメリカ英語で歌った

その理由は、
世界で売れたかったから

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Avatar photo
About Dr.D 537 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTubeでは古株英語系YouTuberの一人だが登録者数はイマイチ伸びず未だ7.5万人(2022年時点)。趣味はカヤックフィッシングで連日大物を釣り上げ冷凍庫は常に魚でいっぱいです。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.