【劇的に変わる】英語は喉開け! 腹式発声メカニズム

Introduction

日本語と英語を同じ言語として扱うな!
でも多くの人は日本語を話すように英語を発音する
完全にネイティブの真似をするのは恥じらいがあるが
上達は常に真似をすることから始まる
それが英語力全体を押し上げることになる
まず第一歩は喉を開いて話すことにフォーカスしよう

その発音、全部日本語かも…

たとえ全部の母音と子音を知っていても、
あなたの英語は全て日本語の発音
かも知れない

日本人の殆どは「胸式発声」で発音する
しかし英語は「腹式発声」で発音される

英語/日本語の発声を比較

腹式発声のメカニズム

1.息を沢山吸う
2.息を沢山声帯に絡める
3.喉奥で声を増幅させる
4.口内空間を変化させて発音

①声帯を緩める

1) hhh…
息を軟口蓋に当てる

2) ha~ha~ha~
息を吐きながら
声帯を優しく動かす(開閉運動)

②喉奥で声を増幅させる

3) ma~ma~ma~ ha~ha~ha~

◆喉を開け
・口の中であくびをする
・舌は下顎に付けておく
・エラを広げる

③口内空間を変化させて発音

出来るだけ声帯摩擦をキープ

4) hi~hi~hi~
hire~hire~hire~
hiring~hiring~hiring~
We are hiring

フレーズエクササイズ

If you are serious about it
you have to get rid of your shame
you have to swallow your pride
and don’t even make fun of others
That’s not cool

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 451 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.