【英語声オリジナル】一撃で通じるネイティブ発音へ

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・Toronto Jazz Fest出演の元プロミュージシャン
・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・焦らず地道にコツコツと

アメリカ発音に焦点を絞ってます

◆英語発音の2大勢力
①イギリス系発音 ②アメリカ系発音

・発音習得には焦点を合わせる必要がある
・ビートルズがアメリカ発音で歌ったように
・このチャンネルはアメリカ発音に焦点をあてる

国際英語論

国際英語論とは、
英米の英語を規範とするのではなく、
「世界の非英語話者による
国際コミュニケーションのための新英語」
国際理解、国際協調、国際共生
を図っていこうとする思想をさす
(出典wiki)

発音は模範が必要

国際英語とは言っても、
発音があまりに「独自的(カタカナ発音)」だと
肝心の「国際コミュニケーション」が取れない

発音を通じやすいものにするためには、
やはりアメリカ発音を模範にするのが無難
(出典Dr.D)

多くの人が気づいていない事実

◆英語は「声」が違う
・本質は口の形ではない
・口を動かさなくても発音は出来る
・本質は「声」をどう作るか!
・日本語の「声」とは全然違う
・通じにくい一番の理由は「発声法」にあり
・発声法はアメリカ発音もイギリス発音も同じ

本日の練習題材

英語声を作る発声法

英語声を出してみよう

・あくびをしながら声を出す⇒喉奥を開く
・喉奥をビリビリ共鳴させる
・喉の力を抜いて「ダラダラ発音」
①ah〜ah〜ah〜ah〜I’m
②oh〜oh〜oh〜oh〜going
③ah〜ah〜ah〜ah〜office
I’m going to the office.

フレーズ練習

There was a recent survey of millennials
/ther wu za REE sun SER vei, ov mil LE niulz/

asking them
/AS king thum/

what their most important life goals were,
/wut ther MOUS dim POR dun LAIF GOULS WER/

and over 80 percent said
/an NOU ver EI dee per SENT sed/

that a major life goal for them
/tha duh MEI jer LAIF GOUL fer THEM/

was to get rich.
/wus tu get RICH/

And another 50 percent
/a nuh NUH ther FIF tee per SENT/

of those same young adults
/ov THOUZ SEIM YUNG uh DULTS/

said that another major life goal
/sed that uh NUH ther MEI jer LAIF GOUL/

was to become famous.
/wus tu bi KUM FEI mus/

最後にもう一度聞いてみましょう

以前より発音がスッキリ聞こえませんか?

・英語がもっと上達したい人
・発音から手をつけましょう
・発音の鍵は声の出し方にあり

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 425 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.