【Dr.Dメソッド】16歳で東大合格した天才の驚きの英語スピーキング習得法

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約700名、発音トレーナー19名が在籍
・79年兵庫県赤穂市出身神戸在住

こんな人がTVで紹介

番組名:日曜日の初耳学
・カリスさん(韓国出身)
・16歳で東大合格
・英語論文を10数本発表
・国際プレゼンで3度優勝
・現在は医療AIの開発

天才の主張をまとめると

・文法や発音ではなく一番大切なのは「発声」
・英語の発音は国や地域で異なるが発声は同じ

water: UK /ˈwɔː.tər/  US /ˈwɑː.t̬ɚ/
I would like to drink some water.

声の出し方を変えれば日本人英語は通じる

ポイントはたった2つ

①切れ目を無くす

日本語は単語と単語の間に「切れ目」があるが
英語は常に音が漏れた状態の上に成り立つ

例:Kallis is super cool and handsome
流れる発声で発音すれば通じやすい

②喉奥で調音する

日本語は口先で調音(声が高い)
英語は喉奥で調音(声が低い)

例:What I wanted to say is very simple
低く発声したほうが聞き取りやすい

まさにこれらはDr.Dメソッド

①切れ目を無くす⇒ブレスフロー
常に息の流れをキープした状態で発音すること
What I wanted to say is very simple

②喉奥で調音する⇒喉奥発声
喉の奥を広げてそこで音を共鳴させる
Just open up your throat and speak

ブレスフロー&喉奥発声

①切れ目を無くす⇒ブレスフロー
What I wanted to say is very simple
/wuh dai wan ne tu sei iz ve ri sim pul/

②喉奥で調音する⇒喉奥発声
Just open up your throat and speak
/jus dou puh nup yer thou dun speek/

まとめ

声の出し方さえ変えれば、
発音にそれほどこだわらなくても十分通じる

①息、声を漏らした状態で話す
②喉奥から発音する

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 475 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.