英語の発音に必要なのは「脱力感」 決して頑張ってはイケナイ

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー19名が在籍
・他人に惑わされず自分の道を切り開け

なぜ「脱力」が必要?

母音の7割はあいまい音⇒あいまい音は「脱力音」
definitely /ˈdef.ən.ət.li/

・あいまい音の代表格 /ə/ schwa, /i/など
・それ以外の母音もストレスを置かないと曖昧化

I’m definitely going to make it
/um DE fuh nut li GOU ing tu MEI kit/

脱力ストレッチ

1. あくびをして喉奥を開く
2. 喉奥から声を出し、限界まで音程を下げる
3. 喉奥をカラカラ鳴らす(Vocal fry)
4. 喉カラカラ音で
/wow wow wow/
/ror ror ror ror/

脱力音を出すボトムエリア

ボトムエリアEx.

【I’m definitely】
1. DE➘
2. DE➘fuh
3. DE➘fuh nut
4. DE➘fuh nut li
5. I’m definitely

【going to make it】
1. GOU➘
2. GOU➘wing
3. GOU➘wing tu
4. MEI➘ki(t)
5. going to make it
6. I’m definitely going to make it

Friendsのワンシーン

Hello. Listen.
I’m sorry I didn’t make it over there today.
Oh. That’s okay. You had a thing.
Yeah, I hear the place looks great.
Oh. Forget about it. I’m having a ball.

まとめ

英語を発音する時、
とにかく喉や口まわりの力を抜いて
ダルダルで発音するようにしてみよう!
Okay.
Hope you’re gonna make it !

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 466 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.