【IPAはもう古い】今使われている発音記号はPhonetic spelling

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー19名が在籍
・山でよく会う英国人、水を得た魚の様に喋りよる

Google発音検索でも使用

This is how I read.
/ this iz hau ai reed / ⬅この記号のこと
Google検索 [pronounce ○○○]

Phonetic spellingの利点

なぜDr.DはIPAを使わないのか?

・PSはPhonicsを知っていれば誰でも読める
・スペルと発音の関係が自然と身につく
・リンクしたフレーズの発音を書くのにとても便利
・IPAは多くのネイティブも読めない
・IPAはタイプ出来ないので使い勝手が悪い

Phonetic spellingは簡単

・子音はアルファベット通りの発音
・覚えるのは母音の区別くらい

It’s not very difficult to learn.
/ its naht ve ri di fuh kult tu lern /

母音の表記

apple /ˈæp.əl/ ⇒ /a pul/ (əはshort Uで記載)
father /ˈfɑː.ðɚ/ ⇒ /fah ther/ (or /aa/)
other /ˈʌð.ɚ/ ⇒ /uh ther/
about /əˈbaʊt/ ⇒ /uh baut/
bought (UK)/bɔːt/ ⇒ (UK)/bawt/ (as in law)
feet /fiːt/ ⇒ /feet/

fit /fɪt/ ⇒ /fit/
edge /edʒ/ ⇒ /ej/
food /fuːd/ ⇒ /food/
foot /fʊt/ ⇒ /fut/

start /stɑːrt/ ⇒ /start/
order /ˈɔːr.dɚ/ ⇒ /or der/
curse /kɝːs/ ⇒ /kers/ (or /kurs/)
fair /fer/ ⇒ /feir/ (as in their)
fire /faɪr/ ⇒ /fair/
fear /fɪr/ ⇒ /feer/

cry /kraɪ/ ⇒ /krai/
out /aʊt/ ⇒ /aut/
open /ˈoʊ.pən/ ⇒ /ou pun/
boy /bɔɪ/ ⇒ /boi/
fake /feɪk/ ⇒ /feik/

音声変化したフレーズ発音の表記

リンキングや音声変化なども反映出来る

This is how I want it.
/this iz hau ai wahnt it/
⇒/thi siz hau wai wah nit/

フレーズエクササイズ

Hello. Thank you for calling.
/he lou, than kyu fer kah ling/

But I can’t pick up the phone at the moment.
/buh dai kant pi kup the foun
na the mou munt/

Please leave a message after the beep.
/pleez lee vuh me sii jaf der the beep/

Then I call you back as soon as possible.
/the nai kah lyoo bak kus soon nuz
pah suh bul/

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 466 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.