【O母音】スペルと母音の関係―9割が間違う「どっちだっけ?」発音クイズ

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー20名が在籍
発音トレーナー募集中!

今回の概要

「どっちの発音だっけ?」ってなりやすい
Short O / Long O をスペルで読み解く

1. フォニックス母音ルールを把握
2. ah / ou の発音エクササイズ
3. ah / ou のスペルパターン
4. 9割が間違う「どっちだっけ」発音クイズ

Phonics Vowels

/ah/ と /ou/ の発音方法

① /ah/ の発音(アメリカ発音)

喉奥を縦に広げて「アー」と発音
ah〜ah〜ah〜odd, ah〜ah〜ah〜pod

② /ou/ の発音(アメリカ発音)

喉奥から「オウ」と素早く発音(オを伸ばさない)
ou〜ou〜ou〜cold, ou〜ou〜ou〜fold

/ah/ のスペルパターン

①スペルが o 単発の時:odd, dot, got
Special E が付くときはLong Oになる(code, pose)

②スペルが au(gh)/aw の時:caught, sauce, paw
辞書によって /ɔ/ と /ɑ/ の発音記号があるが
一般的にアメリカ発音ではこれらを同じ音として捉えている

③スペルが al の時:all, talk, call

/ou/ のスペルパターン

①Special E:phone, joke, rose
次の子音の後に発音しない e がある時

②スペルが oa の時:road, goat, soap

③スペルが ol の時:old, told, mold

④スペルが owの時:tow, low, grow

(間違いやすいポイント)
スペル ou/ow は /au/ とも発音される:count, now, down

どっちだっけ?発音クイズ

カタカナでは全部「オ」で発音されるものです

①because: 1./bi kahz/ or 2./bi kouz/
②suppose: 1./su pouz/ or 2./su pahz/
③program: 1./prah gram/ or 2./prou gram/
④probably: 1./prah bu bli/ or 2./prou bu bli/
⑤authentic: 1./ou then tik/ or 2./ah then tik/

(答えは動画を見てね!)

まとめ

カタカナでは全部「オ」で発音されるものでも
英語では /ah/ や /ou/ など違う発音が存在する。

ある程度スペルから読み取れるが例外もあることは
知っておきましょう。

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 513 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.