ネイティブ発音を目指すな!発音はもっと簡単に習得出来る

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー20名が在籍
・ちゃんと主人公を演じてますか?

今回の要点

・ネイティブと間違われる発音を目指すな
・「聞き返されにくい」発音を目指せ
・Dr.D Englishだと半年もあれば十分
・コピーイングで自分が使える言葉を増やせ

日本人は基準が高すぎる

服装、食事、家事など全てにおいて
求める基準が高い日本人

英語に関してもネイティブ並みに話せないと
「私、英語が話せます」と言えない
他国:TOEIC400 日本:TOEIC800

基準が高いと行動が抑制される

・行動を起こす前に人にどう思われるかを考える
・「完璧な人」を演じて受け身の人生
・英語話せない(TOEIC600)から常に聞き役
・交流会にはもっと話せるようになってから参加

行動が抑制されるから成長しづらい
もっと上手くなってから…は単なる機会損失

発音はネイティブ並みを目指すな

「ネイティブ発音じゃないと
コミュニケーション取りづらい?」

出身によって英語に訛りがあるのは当然、
母語の影響は必ず受けます。

必要なレベルで聞けて話せれば問題ナシ!

聞き返されにくい発音を習得せよ

「じゃ、日本語訛りの発音でも
全然オッケーじゃ~ん!」

ただし「カタカナ発音」は完全に日本語化された
外来語。英語とは全くの「別言語」である。

だから英語本来の発音に近づける努力が必要!

聞き返されにくい喉発音

「喉発音は日本人にとって即効性が高い」

発音はそれほど間違ってなくとも、声の響きが薄すぎて発音が判別しづらい事が非常に多い。

一対一ならともかくグループになると、ほとんど聞き取ってもらえない様な事もよくある。

英語はただ大きな声で話せば良いわけではなく、喉奥で共鳴する「声」を使って発音されている。

喉発音によって「声」が英語寄りになることで、全体的に通じやすい発音になる。

喉発音が馴染むと英語がよく聞き取れる様に!

発音は半年もやれば大体出来る

発音専門ドクターDイングリッシュ
・発音コース(トレーナー直接指導)
・動画コース(動画とテキストで自習)

発声⇒リズム⇒母音⇒子音(発音基礎)
⇒リーディング(練習法)
⇒スピーキング(練習法)

後はコピーイングでどんどん学べ

一通りの発音方法を学んだらひたすら応用練習
コピーイングで自分が使える言葉を増やせ!

・動画を一時停止して発音を真似る
・文字を見ずに言えるまで練習

プレイリスト「リスニングに効く動画集

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 520 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.