【よく聞き返される?】英語は発音よりシラブルが重要?英語が通じない理由は音の数にあった

Presenter

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr. D

・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・受講生約800名、発音トレーナー20名が在籍
・学習は色々と浮気した方が大きくなれる

今回の要点

カタカナ発音が通じにくい理由は、
LやRの発音がどうとかの前に、
音節の数(シラブル)が違うことが大きい

・日本語と英語のシラブルの違い
・シラブルトレーニング
・コピーイング

日本語と英語のシラブルの違い

シラブルとは発音数の事、歌では音符1つ分に相当

◆カタカナはシラブルが曖昧で英語は明確

カタカナ:フィッシング(3~5音)
English:fishing /fish-ing/(2音)

カタカナ:ボートフィッシング(5~8音)
English:boat fishing /bout-fish-ing/(3音)

カタカナは伸ばす音や止める音が混ざり合うので
シラブルが曖昧で、それよりも音の長短が重要。

(例)「私はチョコレートをちょっとだけ食べました」
*試しに伸ばす音や「っ」を無視して発音してみて?

英語はシラブルが明確な言語なので、
音の長短よりもその数がかなり重要となる。

シラブルの区切り方

シラブルは必ず母音を含む
\ 子音だけでは成り立たないよ! /

incredible
/ in-kre-duh-bul /

じゃこれはどうなる?

“The incredible dolphin”
/thee in kre duh bul dul fin/

シラブルトレーニング

Like humans,
/ laik hyu munz /

every dolphin has its own name.
/ ev ri dul fin haz its oun neim /

The name is a special whistle.
/ thuh neim iz uh spe shul wis sul /

Each dolphin chooses
/ eech dul fin chooz uz /

a specific whistle for itself
/ uh spe si fik wis sul for it self /

usually by its first birthday
/ yoo zhuh li bai its ferst berth dei /

コピーイング

私の発音を文字を見ずにフレーズごとに完全にコピーしましょう!

Like humans,
every dolphin has its own name.
The name is a special whistle.
Each dolphin chooses
a specific whistle for itself
usually by its first birthday

まとめ

英語の基礎はシラブルにある。

いくら発音が丁寧でもシラブルがはっきりしないと
伝わりづらい発音になる。

発音は地域性によってかなりニュアンスが異なるが
シラブルは英語である限り変わらない。

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 520 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.