オンライン英語発音コンテスト2022

出場者10名決定しました!

選抜された皆様、ご出場おめでとうございます!この2ヶ月間は自分との戦いです。全集中で挑み、思う存分飛躍して下さい。(Dr.Dより)

出場者一覧

1. azusa – 日本在住、30代
担当:菊澤大地
◆エントリー時の音声
2. 岩堀美雪 – 日本在住、60代
担当:幸田みほ
◆エントリー時の音声
3. れと。 – 日本在住、20代
担当:Thomas Richter
◆エントリー時の音声

4. かーり – 日本在住、40代
担当:カラシック佳菜子
◆エントリー時の音声
5. maco – ハワイ在住、30代
担当:シータ晶子
◆エントリー時の音声
6. MJ – インド在住、50代
担当:斎藤あやこ
◆エントリー時の音声
7. Ayaka – 日本在住、30代
担当:バートナー博子
◆エントリー時の音声
8. RS – 日本在住、中学生
担当:奥田千晴
◆エントリー時の音声
9. かず – 日本在住、30代
担当:服部レイ
◆エントリー時の音声
10. Mika – 日本在住、30代
担当:五十嵐大星
◆エントリー時の音声

エントリー音声のスクリプト

Once upon a time, there lived an old couple in a small village. One day the old wife was washing her clothes in the river when a huge peach came tumbling down the stream.

*本番はそれぞれが選んだスクリプトで挑みます

詳細スケジュール

おおよそ1月後半〜4月前半までがコンテスト期間となります。詳細スケジュールはこちらからご確認いただけます。
Google Document >>

審査員

・Dr. D(チーフディレクター)
・山田聖大(ディレクター)
・他3名(担当外のトレーナー)

賞品

出場者と担当トレーナーの両方に贈られます。

  • 最優秀賞 ・・・JTB国内旅行カタログギフト10万円 or Appleギフト10万円
  • 優秀賞  ・・・JTB国内旅行カタログギフト5万円 or Appleギフト5万円
  • ユニーク賞・・・Dr.Dが釣った淡路島産の鮮魚1〜10kg(釣れ次第発送)
国内旅行ギフトは海外発送出来ません。海外在住の方はAppleギフトの現地通貨建てとなります。

◆JTB旅行カタログギフト
http://worldsp.meclib.jp/kiwami/book/
◆Appleギフト
https://www.apple.com/jp/shop/gift-cards
◆淡路島産の鮮魚
Dr.Dが釣りたてを船上で活き締め、血抜き、腹鱗処理を行いクール便で翌日発送します。海外発送は不可の為、海外在住の方はAppleギフト3万円相当(現地通貨建て)をメール送信致します。(魚種:ブリ、カンパチ、鳴門の真鯛、ヒラメ、ホウボウ、アジ、サバなどMixで1kg以上分)

評価基準

  1. 発声
    – 共鳴(喉奥の響きがあるか)
    – ブレスフロー(息が安定して使えているか)
    – ボトムエリア(脱力出来ているか)
  2. リズム
    – シラブル(音節の乱れが無いか)
    – ストレス(ストレスの位置が安定しているか)
    – テンポ(テンポよく発音出来ているか)
  3. 母音
    – Front・Back・Central(a, ah, uh, etc.)
    – R母音(ar, or, er, etc.)
    – 弱形・強形
  4. 子音
    – 摩擦音(s/z, sh/zh, f/v, th/th, h)
    – 破裂音(t/d, p/b, k/g, ch/j)
    – 鼻音(m, n, ng)
    – 側音・半母音(l, r, w, y)
    – 子音クラスター(cl, cr, tr, str, etc.)
  5. スピーチ
    – キーワード(意味の強さと連動しているか)
    – イントネーション(自然な抑揚があるか)
    – チャンク(フレーズの区切りは自然か)
    – スピード(聞き手に伝わりやすいスピードで話せているか)
    – 暗唱(文字離れ出来ているか)

過去の発音チャレンジ紹介

菊澤大地(当スクール現マスタートレーナー)

こんにちは。トレーナーのDaichiです。今回ドクターDイングリッシュの企画として「オンライン英語発音コンテスト」を行うこととなりました。

数年前、わたし自身英語上達に苦しんでいる時期があり、「発音チャレンジ」と題し、2か月間の集中発音練習を行ったことがあります。ドクター Dに依頼し行ったもので今回の企画と同じような形でした。

実際に行った経験から良かった点を2つお伝えさせてください。ひとつは録音・撮影することで客観的に分析できること。発音に限りませんが、出来ているつもりでも客観的にみると出来ていないことは多く、普段話している声とのギャップや癖、音の違いに気づくことが出来ます。

もうひとつは「2か月やるぞ!」と宣言することで自分を追い込むことができること。気持ちが高まることはもちろん、周りにも宣言するために逃げ道がなくなります。集中練習にはうってつけですね。良いプレッシャーになりました。これらが発音チャレンジをした大きなメリットでした。

この企画での挑戦は2か月間の上達だけではなく、終了後の日々の学習にも大きく影響してくるはずです。大変な部分も少なからずありますが、「やってみたい、挑戦してみたい」という方はぜひこの機会を活かして頂ければ幸いです。Wish you all the best!

船橋由紀子(ベストセラー著者)

Dr.Dで「発音チャレンジ」のプランをお願いしたのが2016年の夏。2ヶ月半で劇的に発音が上達しました!D先生の採点で、Before 60点台→After90点台(100点中)までにUP。

当時を思い出すと、最初は一つ一つの音のつながりを丁寧に指導いただきました。すると、リンキングは上手になったものの、息づかいに課題が!そこで、次のステップとして息をたっぷり混ぜる練習へ。響きと息づかいの絶妙なブレンド具合をしつこく(マニアックに)トレーニングしていただきました!

そのように順を追ってレベルアップできたのも、「発音チャレンジ」という、強制力のあるプランを受けられたこと、その中で定期的にD先生からの採点が入り、「次は絶対にいい点数を取るぞ!」とやる気をいただけたからだろうな、と思います。

最後に録音した動画をSNSに上げると、「えー!ネイティブのニュースキャスターみたい!!」と大反響があったのを、今でも覚えています^^ とにかく、参加すればめちゃくちゃ効果がありますので、是非頑張ってください!

サインアップ

沢山のご応募ありがとうございました。サインアップは締め切らせていただきました。