話す英語の表現がいつも同じでつまらない?日常会話をスムーズにするコツ

How are you doing?

I am doing good! How are you doing?

よく耳にする挨拶のパターンです。ほかにもいろいろなパターンの挨拶の仕方が英語にはありますね。

think

挨拶に限らず何かについて話すときに一つのことをいうのにも色々なパターンでいうことができます。

How are you?

How is it?

What’s up? etc.

英語でいろいろな返答や挨拶のしかたを学び使うことは大切なことです。いろいろなバリエーションがふえたらとてもいいことですね。やっぱり同じ挨拶の言葉ばっかりつかってたらつまらないですかね?

 

ところでみなさんは毎日いろいろな人に日本語で挨拶していると思います。どんな挨拶の言葉をつかっているか思い出してみてみてください。

 

おつかれさまでーす

おはようございまーす etc

 

いろいろありますが私はたぶん2つか3つくらいの種類しか使わない気がします。みなさんはいろんなバリエーションをつかってますか?それともいつも同じのをつかいますか?

 

そして同じのをいつもつかってつまらないって感じますか?

私は感じません。というか、何も考えたことすらありません。つまらないとかもっとレパートリー必要とかそんなことでうでもいいですよね。笑

 

ではでは英語を学んでいる人でいつも同じ挨拶をしてレパートリー少ないなー。つまらないなーと感じてしまう人もいると思いますが、英語を第一言語で話している人はいつも同じ挨拶をつかってつまらないと感じていると思いますか?

きっとNOでしょう。

日本人がいつも同じ言葉で挨拶してつまらないと感じないように、英語を話す人たちも同じ言葉ばっかりつかってもつまらないとかいちいち感じていないでしょう。

 

勿論いろいろな方法を知っているに越したことはないですが、同じフレーズを何回も使ってつまらないとか感じる必要はまったくないんですね!

英語を学んでいると「もっと新しい言葉を覚えたい」、「いろんな言い回しができるようになりたい」と思う人はたくさんいると思います。

そのなかで、知っている単語やフレーズばっかり何回も使いすぎてつまらないとか、もっと色々使わないととか思ったことはありますか?

その向上心はとても大事ですね。言語を学ぶにあたってその向上心は必要不可欠です。

ですが同じ言葉使いすぎてつまらないとか語彙が少なすぎて頭が悪く聞こえそうとかそんなことは一ミリも考える必要ないんです。

 

考えてみてください。

日本語話すときにいつも同じ言葉フレーズを何回もなんかいも使っているはずです。

 

おいしものたべたらなんていいますか?

おいしーー めちゃおいしー うめー

T-Bone-Steak

こんなもんですよね?笑

何回も何回も使ってると思いますがつまらないとかかんじますか?

 

英語もおなじですよ。もちろんいろんな単語やフレーズを知っていれば細かい感想言えたりレポーターばりの豊かな語彙で表現できたりすることでしょう。

でも普段の日常会話なんてシンプル イズ ベスト。いつも同じ言葉をつかってもつまらなくもなんでもないんです。

いつも同じ言葉だからつまらなくいとか語彙がすくないと感じて、英語を話すのをためらったりして敷居を上げずにどんどん話しましょう!

The following two tabs change content below.
Seidai Yamada

Dr.Dの一番弟子。ハワイの大学にてBA TESOLを取得、発音の壁にぶつかり試行錯誤していくなかで発音の大切さ、上達のためのコツ、上達から得られる効果などを経験を通して学ぶ。その中で日本人のための発音に特化した教育の必要性を感じ、発音トレーナーを志すためにDr.Dに弟子入りする。現在はTESOL教授と共同で英語発音の研究も行い、2016年7月には韓国、8月にはカナダにて行われたTESOLの国際会議で自らの研究発表を行う。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ