英語で相手の言ったことが理解出来なかった時、笑って誤魔化していませんか?

よく日本人は英語を話していてどうやって話をつづければいいかわからないから、ひとまずひたすら笑顔でうなずく、という人も少なくないのではないのでしょうか?よくやってしまいがちなことかもしれませんね 笑

きっと話してる人は「英語でおもしろいこといったんだろうな」とか、「わからないことを聞くのが恥ずかしい」とか、きっとこういうことなんだろうなと勝手に自己完結させたりいろいろな理由からやってしまいがちなことかもしれません。

ではでは 日本語で考えて見ましょう。

たとえば、友達と映画をみにいって終わった後に「あの映画びみょうーだったなー」っていったとします。「なんで?」ってきいてほしくないですか?

i-dont-know

いろいろ質問されてなんでそう思うのかとか話したくないですか?というかいろいろ話したいから聞いてほしいからコメントしたのかもしれないですね。もしここで友達がただ笑顔でわらってるだけだったら話は膨らまないしそれについての話題はもうおわりですよね?せっかく話したかったのに。

ということは 英語に置き換えて、英語で話していてなにもわからないからひとまず笑顔でうなずいてみる。これってせっかくのいろいろ話せる機会をつぶしてるんですよね。

気持ち的には、ちょっとわからなかったからわかったふりをするのが一番の得策!と思って笑顔で乗り切ろうとする。

あちゃー、簡単な質問してあげるだけでいいんです。

「なんで?」とか「どのへんが?」とか、ちょっとした簡単な質問をしてあげるだけで話が進みます。話がわからないとき、「それどういうこと?」って質問してあげるのと、ただ笑ってやり過ごそうとするのとどっちがましでしょうか?

もしかしたら話してる方もつっこんでほしいから、掘り下げてほしいから、なんかへんなことを言ったのかも知れません。もしそれを勝手に自分がききとれなかったんだとか理解できなかったんだとか思い込むことで話をつぶしちゃってるかもしれませんよ?

ただ笑ってやり過ごしてるときって、知らず知らずのうちに話をつぶしているんですね。

ぜひ英語でも話を掘り下げるということをためらわずしてみてください。話をつぶすのだけはやめましょう 笑

The following two tabs change content below.
Seidai Yamada

Dr.Dの一番弟子。ハワイの大学にてBA TESOLを取得、発音の壁にぶつかり試行錯誤していくなかで発音の大切さ、上達のためのコツ、上達から得られる効果などを経験を通して学ぶ。その中で日本人のための発音に特化した教育の必要性を感じ、発音トレーナーを志すためにDr.Dに弟子入りする。現在はTESOL教授と共同で英語発音の研究も行い、2016年7月には韓国、8月にはカナダにて行われたTESOLの国際会議で自らの研究発表を行う。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.