英語で相手の言ったことが理解出来なかった時、笑って誤魔化していませんか?

よく日本人は英語を話していてどうやって話をつづければいいかわからないから、ひとまずひたすら笑顔でうなずく、という人も少なくないのではないのでしょうか?よくやってしまいがちなことかもしれませんね 笑

きっと話してる人は「英語でおもしろいこといったんだろうな」とか、「わからないことを聞くのが恥ずかしい」とか、きっとこういうことなんだろうなと勝手に自己完結させたりいろいろな理由からやってしまいがちなことかもしれません。

ではでは 日本語で考えて見ましょう。

たとえば、友達と映画をみにいって終わった後に「あの映画びみょうーだったなー」っていったとします。「なんで?」ってきいてほしくないですか?

i-dont-know

いろいろ質問されてなんでそう思うのかとか話したくないですか?というかいろいろ話したいから聞いてほしいからコメントしたのかもしれないですね。もしここで友達がただ笑顔でわらってるだけだったら話は膨らまないしそれについての話題はもうおわりですよね?せっかく話したかったのに。

ということは 英語に置き換えて、英語で話していてなにもわからないからひとまず笑顔でうなずいてみる。これってせっかくのいろいろ話せる機会をつぶしてるんですよね。

気持ち的には、ちょっとわからなかったからわかったふりをするのが一番の得策!と思って笑顔で乗り切ろうとする。

あちゃー、簡単な質問してあげるだけでいいんです。

「なんで?」とか「どのへんが?」とか、ちょっとした簡単な質問をしてあげるだけで話が進みます。話がわからないとき、「それどういうこと?」って質問してあげるのと、ただ笑ってやり過ごそうとするのとどっちがましでしょうか?

もしかしたら話してる方もつっこんでほしいから、掘り下げてほしいから、なんかへんなことを言ったのかも知れません。もしそれを勝手に自分がききとれなかったんだとか理解できなかったんだとか思い込むことで話をつぶしちゃってるかもしれませんよ?

ただ笑ってやり過ごしてるときって、知らず知らずのうちに話をつぶしているんですね。

ぜひ英語でも話を掘り下げるということをためらわずしてみてください。話をつぶすのだけはやめましょう 笑

The following two tabs change content below.

Seidai Yamada

Seidai Yamada

認定シニアトレーナー

【Brigham Young University–Hawaii, BA TESOL 卒】
在学中はアジア人の英語発音習得に関する研究を行い、TESOLのPresidentも務めたDr.Neil J Andersonに師事。TESOL国際会議で研究発表も行う。

また2015年から発音トレーナーDr.Dのもとで【英語声プログラム®】の発音教授法を学び、現在ドクターDイングリッシュのシニアトレーナーとして大企業の英語研修なども担当している。受講生から寄せられた数多くのレビューからも、その実力が見て取れる。

Leave a comment

Your email address will not be published.