発音が独学では上達しづらい理由

ある程度英語が出来るようになると「発音をもっと綺麗にしたい」とそう思われる方は多いと思います。ある程度自分の言いたいことなどは表現出来るようになってきたが、いざネイティブと話してみるとこれが意外と通じにくい。「何故だ!?」となります。

英語が通じにくい理由は主に2つでしょう。
1. 発音が悪い
2. 表現が自然ではない

通じにくい原因が「2. 表現が自然ではない」であれば、さらに勉強を重ねることでなんとか通じるようになります。しかし「1. 発音が悪い」であれば、これはなかなか自分では上達しにくい。

では何故発音は独学では上達しづらいのでしょうか?

それは自分の発音の問題点が自分で判断出来ないからです。ネイティブの友達なんかに聞いてみても、おそらく「L」と「R」の発音の区別が付いていないなど、ありきたりな回答くらいしか得られないでしょう。そして「L」と「R」を練習するが、なかなかうまくいかないので、そのネイティブのお友達も何故出来ないのかが分からず諦めてしまう。これがよくありがちなパターンです。

これでは自分の発音の問題の「原因」がハッキリしないため直しようがありません。問題の原因が分からなければ改善の余地もありませんから。

なので「発音上達」の第一歩として、まず「何が原因で発音に対応できないのか」、そして「どの様な練習をすればそれが改善されるのか」ということが分からなければなりません。

まずはそこから始めましょう。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ