フィリピン系オンライン英会話で本当に英語が話せるようになるのか

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

フィリピン系の格安オンライン英会話は今やかなり一般化し、クラス型の英会話スクールよりもメジャーになりつつあります。自宅で24時間いつでも時間が空いた時に出来るのでかなり便利ですね。

ドクターDイングリッシュの受講生でもこれらオンライン英会話を併用していらっしゃる方も結構おられるみたいです。このフィリピン系のオンライン英会話ですが、これで本当に英語が話せるようになるのでしょうか。

これは目標レベルや英語力に応じてかなり効果が変わってくるのではないかと思います。

TOEIC900点以上の人がちゃんとしたビジネスレベルになるためには

こういった方達は英語の知識レベルがかなり高い方なので、ただ話すことに慣れていくことで英会話力は上達すると思います。ただ発音力がある程度伴わないといつまでたっても聞き役中心で自分が話す際には単語で話してしまいますので、発音はある程度スムーズにしておいたほうが良いでしょう。

TOEIC700点〜900点以下の人はビジネスレベルを目指す場合

ビジネスで使えるレベルに到達したければ、ただ会話になれるだけでは難しいでしょう。しかしこれくらいのレベルであればTEDのスピーチなどでも半分以上は理解できるレベルなので、そういった動画を使ってセリフを反復練習するとボキャブラリーも自然と増えて良いかと思います。

TOEIC500〜700点以下の人がビジネスレベルを目指す場合

このレベルだとオンライン英会話と並行して、基本的なボキャブラリーや文法力もまだまだ勉強する必要があります。文法はEnglish Grammar in Useの青い本(Intermediate)がおすすめです。さらに一般的な表現も少し覚える必要があるのでYouTubeで”Let’s talk”と検索して動画で表現を真似たりして覚えていきましょう。

TOEIC500点未満の人が日常会話レベルを目指す場合

“Let’s talk”などの簡単な動画で基本的な表現を勉強しながら、同時に基本的な文法も知っておく必要があります。大人は子供と違って、ある程度文法を知っていたほうが英語が伸びます。これらを基本毎日1時間は行いながら、オンライン英会話で実践を踏むのも良いかと思います。

全てのレベルに当てはまる理想的なパターン

オンライン英会話でただ話しているだけでは成長はそんなにしません。ただ慣れていくだけです。始めのうちは実践になれることで効果が出ますが、すぐに横ばいが続き長期的な成長はしないでしょう。

それは何故かと言うとオンライン英会話はアウトプットの場。学習(インプット)されていないものはアウトプットも出来ませんね。なので長期的に英語力を伸ばすなら、常にインプットを続けてアウトプットする場を定期的にもつというのがベストです。

そしてある程度自然なテンポで英語を話すには英語を音で覚えなくてはなりません。文字だけで捉えていてはスピードについていけません。なのでその為にある程度の発音力が必要となるわけです。

英語を音で捉えるために発音を学ぶ。英語をもっとスムーズに、そしてちゃんと伝えるために発音を学ぶ。発音・インプット・アウトプットの3つの要素は必ず必要です。もし上達の道がうまく描けない悩みがある方はレッスン中にDr.Dにご相談下さい。

The following two tabs change content below.
Dr.D

Dr.D

代表発音トレーナードクターDイングリッシュ

英語の「発声」と「リズム」を専門としたオンライン発音トレーナーで「英語の声になれる本(KADOKAWA出版)」の著者。「発声トレーニング」を使った独特の指導法で2011年の開業以来、1500名以上の受講者に対し直接指導を行っている。10回〜20回の指導で英語らしい発音に変える事が出来る。

【無料】発音の基礎が分かる5日間メルマガ

Leave a comment

Your email address will not be published.