【2/5】5日間でTraveling all around the worldの発音を極める!(ストレス)

5日間でワンフレーズを極める

発音トレーナーのDr.Dです。5日間にわたって英語フレーズ、“Traveling all around the world”を動画で練習します。

このフレーズの発音を極めるまでに以下の5つのステップを踏みます。

1.英語発声のニュアンスを掴む
2.ストレスの位置を定める←今ここ
3.各子音と母音を個別に練習
4.リンキング(音の連結)を確認
5.リズムでフレーズ全体の一体感を出す

英語のストレス音(アクセント)について

伝わりやすい英語発音の条件の一つとして「ストレス音をハッキリさせる」というのがあります。今回の動画はこれについて解説しています。

日本語には特に「ここを強く発音しないと通じない」というのはありませんが、英語はすべての単語に「強く長めに発音されるストレス音」というのが指定されています。

なので言葉を聞き取る時に、その音を頼りに聞いて理解するという流れになります。ちなみにこのストレスの位置がズレるだけで違う単語に聞こえることもあります。

「accept」の「a」にストレスを置くと、「accent」の発音に近くなる。

またフレーズでもストレスはとても重要な役割を果たしています。ストレスが置かれた単語をピックアップするだけで大体の意味が伝わるようになっています。

I’m here to offer you a new way to think about my field

とくに話すテンポが早くなるとこのストレス以外のところがかなり省略されて話されるので、ほとんどストレスしか聞き取れないような感じにもなりますが、それでも通じ合えるわけです。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Leave a comment

Your email address will not be published.