【4/5】5日間でTraveling all around the worldの発音を極める!(ing+母音のリンキング)

5日間でワンフレーズを極める

発音トレーナーのDr.Dです。5日間にわたって英語フレーズ、“Traveling all around the world”を動画で練習します。

このフレーズの発音を極めるまでに以下の5つのステップを踏みます。

1.英語発声のニュアンスを掴む
2.ストレスの位置を定める
3.各子音と母音を個別に練習
4.リンキング(音の連結)を確認←今ここ
5.リズムでフレーズ全体の一体感を出す

ing+母音のリンキングについて

音の連結によって音が変化することは英語ではよくあります。例えば「traveling-all」と繋いだ場合「all」が前の「ng」とリンクし「ngall」と発音されます。また「ng」の「g」が省略されて「nall」となる事もよくあります。

動詞の「ing」の「g」は特にカジュアルな会話の中ではよく省略され、「moving in」が「movinin(ムーヴィニン)」、「running out」が「runninout(ラニナウ)」と発音されます。

もちろん正確には「movi-ngin」や「runni-ngout」のように「んぎ」とか「んが」のように発音されます。

ingのgが省略できないパターン

動詞の「ing」はよく「g」が省略されますが、「thing」や「sing」など、もともと原型のスペルに「ing」が含まれるパターンの時は「g」の省略は出来ません。

そんな事をすれば「thing(事)」は「thin(細い)」となり、「sing(歌う)」は「sin(罪)」となり意味が変わってしまいますね。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Leave a comment

Your email address will not be published.