破裂子音(Explosives)の発音の難しいポイントと解決法

破裂子音の特徴と発音ポイント

破裂子音は発声器官はその子音のポジションをとりつつ、一時的に息をせき止めてから息を放つ子音です。p/b, t/d, k/gなどがあります。

日本人にとって難しいポイントと解決法

問題1:ストレス子音となる時にせき止め方が弱く、母音と同時に弱い音で発声してしまう。

解決1:息を放出する前にしっかりとその子音のポジションで息をため、ブレス子音の時と同じように、先にブレスで子音のポップ音を出してから母音を乗せるようにする。

問題2:/t/の音にブレス音が絡まない。

解決2:/t/の音を出す時は、日本語のように舌を上あごにタップさせて音を出すというよりも、上あごに接している舌をブレスの勢いで前方に飛ばすようにするとtにブレスが絡んだ軽い音になりやすい。

問題3:語尾で受ける子音となった時に、子音で受け止め切れずに母音の音が付け加わる。

解決3:語尾で受ける子音となったときには、舌や唇を語尾の子音のポジションに持っていき、母音を付け加えず、そのポジションで受け止めて音はミュートさせるようにする。

The following two tabs change content below.

Atsuko Kujuro

Atsuko Kujuro

認定発音トレーナー

長崎にて学習塾HORSTを経営。中学生、高校生の受験指導(英・数・理)や大人対象に英会話クラス、TOEIC対策クラスを提供。語学マニアで英語の他に韓国語、インドネシア語、フランス語を多少話すことが出来る。また留学経験ゼロながら英語を流暢に操るまでに成長したモデルケースでもある。

Leave a comment

Your email address will not be published.