Oftenの”t”は発音するの?しないの?イギリス発音とアメリカ発音の違いは実は関係ない?

Oftenの【t】を発音する人としない人がいます。イギリス発音では【t】を発音し、アメリカ英語ではしないとよく聞いたことがありましたが、あまりそんな実感はありません。

以前住んでいたトロントでは、ほとんどの人が【t】を発音し、LAでは半々といった感じでした。なのでちょっと調べてみました。

アメリカは【t】を発音せず、イギリスはするというのは本当か?

アメリカ人3人とイギリス人3人をTEDスピーチからピックアップしてOftenの発音を聞いてみましょう。結果としてはイギリス、アメリカ関係なく半々くらいです。

Elizabeth Gilbert(US) 【t】なし
who died young and often at their own hands,

Josh Luber(US) 【t】あり
Nike lines happen 104 times more often.

Van Jones(US) 【t】あり
and what we don’t often appreciate

Tristram Stuart(UK) 【t】あり
that I often visit

Rory Stewart(UK) 【t】なし
that if we can often do much less than we pretend

Helen Pearson(UK) 【t】あり
often showed an improvement in behavior,

英語では【t】はよく端折られる

oftenの他に、softenやfasten、listenなども同じパターンのスベリングですので、oftenと同じ様に【t】を端折って発音され、それが定着してしまったという感じです。

英語は一息で流れるように発音するので、音がプツプツ切れる要因となる子音の連続を嫌う傾向にあるからです。特に【t】は音が途切れやすいので端折られます。

昔はListenの【t】を発音した?

昔はListenの【t】も発音していたという話もあります。そしておそらく【t】を止めて発音するようになり、ついには消えてしまったという流れのようです。

lis-ten → lis(t)en → lisn
The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 新規会員登録
学習塾向けプログラム
学習塾向けプログラム:地域唯一の「発音クラス」設置校になりませんか?他校との差別化が図れ「地域でオンリーワン」の学習塾になれます。発音に自信が無くても、Dr.Dの動画に沿って発音指導を行って頂くので大丈夫です。

Leave a comment

Your email address will not be published.