英語はいつもより低い声で息を漏らしながら発音しよう

英語らしい「声」で話すと通じやすい

口の形や舌の位置をどれだけ頑張っても、声の出し方が違っていれば英語らしい自然な発音にはなりません。

逆に口の形や舌の位置がある程度適当でも声の出し方が英語っぽければ通じやすくなります。

今回はその例を動画を通じて説明してみました。

また英語らしい声の出し方とは以下のような状態です。

①喉の力を抜いて低い音程で話す

・音がぷつぷつと途切れるカタカナ発音ではなくなる
・ストレスがよく響くようになるので言葉がはっきりする

②息を漏らしながら発音する

・音がぷつぷつと途切れるカタカナ発音ではなくなる
・子音が自然と絡むようになるので音の輪郭がはっきりする

【参考】こちらも良ければチャンネル登録をお願いします

愛犬ラブラドールのナナと息子との森のお散歩動画はこちら

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム」を開発。英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

Leave a comment

Your email address will not be published.