ここまで変わった!海外大学で教える准教授の発音BeforeAfter Nov.2018

発音コース受講生のBeforeAfter

今回の動画はとある発音コース受講生のBeforeAfterを取り上げてみました。

この方は海外の大学で教える准教授です。大学のクラスを受け持つようになったので「しっかりした発音で授業が行えるようにしたい」ということで発音コースを受講されています。

BlurryなBeforeの発音

もともとそんなに発音も悪い方ではありませんが、やはり日本人特有の母音中心で発音してしまうクセがありました。なので輪郭に乏しい、少しぼやけた発音をしていました。

英語は本来子音中心の言語。骨組みを作っているのがブレスの摩擦や破裂による子音で、要所要所(ストレス)を色付けしているのが母音といったバランスです。

FluentになったAfterの発音

しっかりとブレスフローが安定し、ストレス母音のひびきはまだ少し薄いものの、かなり自然な英語発音になりました。

日本人にとっては逆に聞き取りづらくなったのかも知れませんが、外国人にとっては確実に伝わる、輪郭のはっきりした、テンポ感のよい発音になったと思います。

Dr.D
About Dr.D 570 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.