TがDになったりZがSになったり英語は無声音と有声音が入れ替わる

今回の動画は英語の無声音(s, f)/有声音(z, v)を、日本語の静音(さ)/濁音(ざ)に照らし合わせて説明しています。

英語はフレーズの中でTがDとして発音されたり、またZがSとして発音されたり、無声音と有声音が行き来します。

①摩擦音と破裂音にはそれぞれ無声音と有声音がある
摩擦音:s/z, sh/zh, th/th, f/v
破裂音:t/d, p/b, k/g

②無声音と有声音のポジションは同一
日本語の静音(さ)濁音(ざ)の関係とは違う

③無声音が有声化したり、有声音が無声化したりする
> Who is hired for a position?
Isのz音はs音で発音される

> Just a little bit
Justのtがdに、littleのtもdに

> I work at office.
workのkを滑らかにつなぐためにgっぽくなる

Dr.D
About Dr.D 564 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.