英語の母音はオーバードライブで歪ませよう

今回の動画では英語の「声」の出し方の特徴について、楽器的な見方で解説しています。

楽器に例えるなら、 日本語はクリーントーン、英語はオーバードライブをかけた感じ。母音をすこし歪ませると英語っぽい響きになる。

例えば子供向けの英語番組を見てもらっても分かるように、英語の声は日本語に比べると歪が効いています。

この声の違いは、声の共鳴させる位置が違うから響き方も変わるわけです。試しに声を喉の奥から低く出してみましょう。

少し声に歪が得られたのが分かるでしょうか。

英語を話す時は、その辺りで声を共鳴させて発音すると、英語らしいしっかりと存在感のある響きが得られ、その分相手に伝わりやすくなります。

 

Dr.D
About Dr.D 555 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.