Want toがWannaと発音される理由

今回お話しするのは、「なぜ”want to”が”wanna”と発音されるのか?」についてです。

これは知っておくと英語講師としても良いネタになるかと!

英語発音の2つの特徴

これは2つの傾向のもとになりたちます。
・有声音に挟まれたTは濁る(Flap T)
・アンストレス母音は曖昧化する

ちなみに「wanna」はカジュアルな表現でフォーマルな場面では使えないと思われている方がおられますが、そうではありません。

実際に TEDなどのスピーチでも「”wanna”, “gotta”, “gonna”」などは普通に使われています。

要するに「want to」を強調しない場合は「wanna」と発音されるというだけのことです。

Stop T:語尾のTは止める

まず音節尾のTは、直後に子音が来る場合は音を止めるという特徴があります。

例えば、「tat tat tat」と発音する場合、初めの2つの「ta(t)」は音を止めることで表現され、音は弾かれません。

なのでWant toの場合こうなります。
Wan(t)←止める
(t)o←弾く

Flap T:有声音に挟まれたTは濁る

例えば、「later」を発音する場合、「la(d)er」という風に、有声音に挟まれたTは濁ります。

これは別にDにしなくてはならないということではなく、滑らかに発音するために、ただ声を漏らしたままTを発音しているだけです。

その結果、弱いDみたいな音になったり、また日本語の「ラ行」にも近い音になったりします。

このFlap Tの現象は前後の音に影響をうけます。

例えば、「want to」の場合だと、
Wa(nt)←Nの音を残したまま
(t)o←濁る
という風にNでつなぐ感じになります。

アンストレス母音は曖昧化する

「Want to」を単語単位で発音した場合は、Wantの母音はFatherの”a”
、Toの母音はToolの”oo”となります。

しかし通常のフレーズでは不定詞の「to」にはストレスはおきません。 なのでこの発音は「duh」の様に短くあいまいな音になります。

そしてFlap Tの影響で、N音を引きずるので、その結果「Want to」が「wanna」になるといった感じです。

Dr.D
About Dr.D 570 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.