Want toがWannaと発音される理由

今回お話しするのは、「なぜ”want to”が”wanna”と発音されるのか?」についてです。

これは知っておくと英語講師としても良いネタになるかと!

英語発音の2つの特徴

これは2つの傾向のもとになりたちます。
・有声音に挟まれたTは濁る(Flap T)
・アンストレス母音は曖昧化する

ちなみに「wanna」はカジュアルな表現でフォーマルな場面では使えないと思われている方がおられますが、そうではありません。

実際に TEDなどのスピーチでも「”wanna”, “gotta”, “gonna”」などは普通に使われています。

要するに「want to」を強調しない場合は「wanna」と発音されるというだけのことです。

Stop T:語尾のTは止める

まず音節尾のTは、直後に子音が来る場合は音を止めるという特徴があります。

例えば、「tat tat tat」と発音する場合、初めの2つの「ta(t)」は音を止めることで表現され、音は弾かれません。

なのでWant toの場合こうなります。
Wan(t)←止める
(t)o←弾く

Flap T:有声音に挟まれたTは濁る

例えば、「later」を発音する場合、「la(d)er」という風に、有声音に挟まれたTは濁ります。

これは別にDにしなくてはならないということではなく、滑らかに発音するために、ただ声を漏らしたままTを発音しているだけです。

その結果、弱いDみたいな音になったり、また日本語の「ラ行」にも近い音になったりします。

このFlap Tの現象は前後の音に影響をうけます。

例えば、「want to」の場合だと、
Wa(nt)←Nの音を残したまま
(t)o←濁る
という風にNでつなぐ感じになります。

アンストレス母音は曖昧化する

「Want to」を単語単位で発音した場合は、Wantの母音はFatherの”a”
、Toの母音はToolの”oo”となります。

しかし通常のフレーズでは不定詞の「to」にはストレスはおきません。 なのでこの発音は「duh」の様に短くあいまいな音になります。

そしてFlap Tの影響で、N音を引きずるので、その結果「Want to」が「wanna」になるといった感じです。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 会員登録

Leave a comment

Your email address will not be published.