発音は独学で身につくのか?在米歴10年でも難しい英語発音

発音トレーナーDr.Dです。これまで1000人以上の発音に悩める日本人に対して発音指導を行ってきた経験から、「発音は独学でも身につくのか?」といったテーマでお話ししてみようと思います。

結論から申し上げると、独学でも出来る人は悩む前に上手に発音出来ている、そして発音に悩んでいる人は、なかなか独学では難しい人です。

一般的に発音だけは10年以上アメリカに住んでいてもなかなか上達しない

幼少期からアメリカ育ちの場合はもちろん発音はネイティブになりますが、日本で育ち大人になってから渡米した場合、発音に関してはほとんどの人はカタカナ発音のままです。

とは言っても、英語力自体は高い人が多いので、それなりに流暢には話しますが、やはり何年経っても通じにくいままの発音であることが多いといった印象です。

無意識に日本語フィルターを通して発音してしまう

英語には日本語には存在しない音が沢山ありますが、日本語で育った大人はそれらの音を無意識に日本語のフィルターに通して自分に出せるそれに近い音を探して発音します。

要するにこれがカタカナ発音というわけです。

ただ息がかすれる音も言葉として捉える英語

そもそも日本語と英語では発音感覚が全くことなり、子音、母音、声の出し方、ストレスによるリズム、イントネーションの起伏まで、何から何まで異なるわけですが、例えば一番分かりやすいところで「子音」だけにフォーカスしてみます。

英語の動画をボリュームを一番小さくして聴いてみましょう。そうすると「シュファシュファ」と息のかすれる音が目立つはずです。

次に日本語の動画を同じボリュームで聴いてみましょう。英語のような息のかすれる音はあまり聞こえてきません。

これは子音の強さの差によるものですが、要するに日本語の子音は英語にすると聞こえないに等しいわけです。

そしてこのような英語の子音の息がかすれるような音は、日本人にとっては言語として認識出来ず、ただの雑音として処理してしまいます。

なのでネイティブの口の形や舌の位置などを真似て音を出そうとしても、根本的に違った音になってしまいがちなわけです。

ちなみに英語は子音と母音が分離している発音なので、ただ子音を強く発音すればよいという単純な話でもありません。

これに関しては他の動画でも紹介しているので良かったらご覧ください。

音に敏感な人は独学で習得可能

ちなみに音に敏感な人であれば、ネイティブの発音を真似るだけで発音をそれなりに習得することは可能です。

例えば歌が得意だったり、楽器で耳コピを鍛えてきた人などはちょっとしたコツさえ掴めば自分でどんどん伸びていくことが出来ます。

ちなみに私も一応元プロのミュージシャンなので、机を叩く音の音程をとったり、また1/400秒のタイミングのズレが気になったりする位、これまでに耳を鍛えまくってきているので真似は得意な方だと思います。

そういう人たちにとって口の形や舌の位置などは全く関係ありません。ただ音を再現することだけに集中すれば出来るようになります。

英語の発音の特徴さえ掴むことが出来れば自力でも育つ

先ほども述べましたように、基本的に英語と日本語とでは発音感覚が根本的に違います。子音、母音、声の出し方、ストレスによるリズム、イントネーションの起伏など。

しかしこれら一つ一つの違いをしっかり理解した上でトレーニングを重ねることで、自力で伸びていくことは十分可能です。

実際に私のYouTube動画を観て「発音が通じやすくなった」とか、「英語が聴きやすくなった」といったコメントも寄せられています。

なので自力でやる場合は、ポイントをしっかり絞って練習するようにしてみてください。

ネイティブよりも同じ日本人に教わるべき理由

英語の発音を習得する上で、やはり一番手っ取り早いのは日本語を母語として英語の発音を習得した人に教わることです。

ただネイティブの真似をするよりも、日本語と英語の発音感覚の違いをちゃんと説明できる人に教わった方が大人は圧倒的に伸びやすいと思います。

ネイティブに発音を学んで上達が全然実感出来なかったが、ドクターDイングリッシュで発音コースの受講をしたところ、すぐに発音が通じるレベルになったって人は結構おられます。

これは別に話を盛っているわけではなく、実際にサイトの方で受講生レビューを見ていただければわかります。

The following two tabs change content below.

Dr.D

Dr.D

マスタートレーナー

発音トレーナーで「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。ボーカルトレーナーとしての経験をもとに日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。専門学校などの英語のボイストレーナー職を経て2011年に独立。現在、英語教師や通訳者などのプロを含む毎年100名以上の受講生に発音の個別指導行っている。10回〜20回の指導で発音を根本から変えることが出来る。

コース一覧

発音コース
発音コース:認定発音トレーナーが専属で発音のプライベートレッスンを行います。発声法やリズム感覚から根本的に鍛え、わずか10回〜20回のレッスンで英語が断然聴き取りやすく、また伝わりやすくなります。推奨受講ペースは週1回〜2回程度。レッスンはSkypeもしくはZoomを使用します。 体験レッスン
動画コース
動画コース:現在レッスン予約待ち3ヶ月以上、Dr.Dの「発音コース」の内容が、そのまま「動画レッスン見放題+公式テキスト+質問受付」で受けられます。公式発音テキストに沿った5分レッスン動画が100本以上、YouTubeとは比較にならない良質コンテンツが見放題。 会員登録

Leave a comment

Your email address will not be published.