アメリカンアクセントのTの発音「フラップT」

今回は「T」の発音についてです。英語のTの発音は通常の発音に加え、音を繋がりやすくするためにちょっと発音を変化させるものがあります。

その一つが今回お話している「フラップT」です。文字通り舌をFlap(フラップ)させて発音します。ポジションは通常のTの発音と同じで硬口蓋(Hard palate)にあてます。しかしその当て方がかなりソフトに行うため結果的に「日本語のら行」の様に発音されます。

例えば、Littleだと「りる」、Prettyだと「ぷぅぃり」の様な感じです。カタカナでは完全に再現は出来ないのであくまで雰囲気だけです。

ストレス音にからまないTは、出来るだけスムーズに次の音へと繋ぎたいので、弱く曖昧に発音します。なのでこの様な発音になるわけです。ちなみに「Talk」の「T」はこの単語のストレス「a」に直接絡むのでしっかりと通常の「T」を発音します。

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Avatar photo
About Dr.D 536 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTubeでは古株英語系YouTuberの一人だが登録者数はイマイチ伸びず未だ7.5万人(2022年時点)。趣味はカヤックフィッシングで連日大物を釣り上げ冷凍庫は常に魚でいっぱいです。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.