日本人がやりがちな非実用的な英文法の覚え方

この動画はレベルは関係なく、英語がもっと聞けて話せるようになりたい大人をターゲットにした内容です。

♦ 典型的な間違った英語の学習法

・ひたすら英文法ばかり勉強する
・ひたすら単語ばかり覚える

こういった感じで英語を勉強されている人って結構多いと思いますが、これはかなり非効率で全く実用的ではありません。

こんな英語の覚え方をしていたは何時までたっても英語を使ってコミュニケーションを取ることなんて出来ません。

♦ 効率的な英文法の覚え方

自分のレベルに合った英文を読んで、知ってる単語が大部分だが意味がいまいち分からない時に、その部分の「文法」をググってみる。英文法っていうのはこれくらいで大丈夫です。

本当に必要な基礎的な英文法っていうのは中学校の時に全部勉強します。

【現在形】私はこうだ
A. What do you do when you have time?
B. Oh I play the guitar.
【過去形】私はこうだった
A. Did you play in a band or something?
B. Oh I played the guitar.
【過去分詞形】私はずっとこうだ
A. Can you play something for me?
B. Oh I haven’t played for quite a long time.
【進行形】動きを表す
A. Why are you hesitating?
B. I’m just being shy.
【受動態】受け身
A. So what type of music did you play?
B. I’m influenced by Jimi Hendrix a lot.

これくらいの理解さえあればあとは全部これらの応用です。

♦ 自分のレベルに合った英文とは

読んで単語の7割以上は知っているという状態。

英検3級まで:世界童話、子供向け番組(TV program for children)
英検2級:海外ドラマ、洋画など
英検1級:論文や専門的な内容のスピーチなど

♦ 英語が上達する考え方

やってもみないうちから、ひたすら解決法ばかり勉強しても体が覚えない。
「やってみて問題が起こった時に、それを解決する」

とにかく声に出してスラスラと言えるようになるまで練習すること。
常に自分がその言葉を話しているというイメージを持ちながら練習してください。
常に実践を想定して練習たほうが上達は早いです。

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Dr.D
About Dr.D 369 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.