【なんでや!】あなたの発音が通じない理由TOP5

「丁寧に英語を発音しているのに全く通じない」海外でこんな経験をした人は少なくないはずです。それもそのはず。日本語と英語では「丁寧な発音」の定義があまりに違いすぎるからです。

今回はランキング形式で「なぜあなたの発音が通じにくいのか」の理由に迫っていきたいと思います。

ランキング

No.5 母音の問題(fan? fond? fun?)
No.4 子音の問題(light? right?)
No.3 ぶつ切れの発音(Ask you a question?)
No.2 ストレスが安定しない
No.1 日本語と同じ声で発音している

No.5 母音の問題

母音は地域性が強く、母音が多少違っていたからと言って全く通じないということは考えにくい。それよりもストレス母音がしっかり浮き出ているかがより重要。

No.4 子音の問題

子音は通じない原因に直結する。

日本人の英語発音は子音が短くなりがち、ストレス子音は引っ張るように長めに発音すると良い。

No.3 ぶつ切れの発音

単語を一つずつ個別に発音せず、
チャンク(意味の塊)で発音を捉えよう!
I want to know / how you did it.

喉を頻繁に閉じると、Choppyな発音になる
かなり聞きづらい(日本人の典型的発音)

No.2 ストレスが安定しない

英語はStress-timed language
ストレスを中心に発音する言語
強弱の波が無いと聞きづらい

No.1 日本語と同じ声で発音

英語の発音は舌でも口の開け方でも無い
「声」の出し方が本質
喉奥から息も声も垂れ流し状態で発音

これによって自然とチャンク単位の発音になり
リンキングが起こり、アンストレスはリダクションする

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 473 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.