英語で数字を言うのが苦手な人へ 意外と便利な英語の数の数え方

英語で「1万5千円」って言いたい。
でもすぐに言葉が出てこない。

こんな経験をされたことはありませんか?
日本円での金額を英語で言うとどうしても数字が大きくなってしまって、ちょっと混乱してしまいますよね?

僕は海外からの留学生募集の仕事で海外の留学エージェントなどと数字について話す機会が多く、大きな金額の数字の処理速度を上げるためにこんな方法を使っています。

itioku

■日本円での大きな金額を英語でいう時
絶対に「1万」とか「10万」とか、万の単位を変換しようとしてはイケマセン!!これだと処理速度大幅にが遅れてしまう。

必ず「10,000」という数字で捉えます。僕の場合は「上の桁」しか考えません。「10,000」だったら「10(Ten)」、「100,000」だったら「100(Hundred)」。そうすると数字がかなりシンプルになります。下の桁の「000(Thousand)」は後付にします。

なので「1万5千円」だと、上の桁「15(Fifteen)」だけ捉える。「10万」だと「100(Hundred)」。この方法で大きな金額でも比較的ぱっと英語で表すことが出来ます。

不動産の価格帯だと、「千万〜億」をメインで使います。その時も上の桁だけでシンプルに捉えるとなんてことはありません。

5千万を数字で表すと「50,000,000」となります。その上の桁の「50(Fifty)」だけを捉えます。そしてMillionは後付します。

8千5百万を数字で表すと「85,000,000」。なので「85(Eighty five)」と捉えればシンプルです。

なので日本円で〜千万の位を表す時は「二桁」という捉え方です。億の位だと「三桁」。とてもシンプルです。

5億だと「500(Five hundred)」、2億5千万だと「250(Two hundred fifty)」とこうなります。そしてMillionは後付します。

 

まとめるとこんな感じです。
1万の位「2桁」+ thousand
10万の位「3桁」+ thousand
100万の位「1桁」+ million
1000万の位「2桁」+ million
1億の位「3桁」+ million
10億の位「1桁」+ billion
100億の位「2桁」+ billion
1000億の位「3桁」+ billion
1兆の位「1桁」+ trillion
10兆の位「2桁」+ trillion
100兆の位「3桁」+ trillion

どうでしょうか?これだとすぐに言えませんか?

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

Avatar photo
About Dr.D 536 Articles
ドクターDイングリッシュの創立者。元プロミュージシャンで英語ボイトレ講師を経て2011年に発音スクール設立。YouTubeでは古株英語系YouTuberの一人だが登録者数はイマイチ伸びず未だ7.5万人(2022年時点)。趣味はカヤックフィッシングで連日大物を釣り上げ冷凍庫は常に魚でいっぱいです。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。