【難易度A級】スペルから読み解く厄介な3つのR母音【ar, or, er】

ドクターDイングリッシュ
発音ディレクター Dr.D

・Toronto Jazz Fest出演の元プロミュージシャン
・発音スクール「ドクターDイングリッシュ」創立者
・最近は根魚系のバター焼きをよく作ります

ar, or, er の区別

ar: star, car, part
or: store, cord, port
er: stir, curse, purse
ここまでは簡単ですよね?

【クイズ】どの母音で発音される?

答え合わせ

スペルと発音の関係

【基本①】
ストレス母音のスペルに注目
ar: スペルはar (pardon, guitar)
or: スペルはor (borden, endorse)
er: スペルはer, ur, ir
(terminal, turbulence, circumstance)

【基本②】
アンストレス母音は99.9% /er/ 発音
ar: forward, similar, primary
or: counselor, behavior, director
er, ur, ir: enter, your, their

【基本③】
wが絡むと法則が変化
ar: warm, war, award
or: worm, word, worship
wer, wur, wir のパターンは無し

【よくある例外】
uar /ar/: guardian /gar di un/
ear /er/: earn /ern/
ear /ar/: heart /hart/
など

フレーズエクササイズ

I purchased the guitar at a store.
The worm is moving forward.
It’s departing from the third terminal.
You gotta learn some guitar cords.

Dr.D通信

毎週金曜にDr.Dが普段YouTube, Podcast, Twitterなどで発信している情報をまとめてメールでお届けします。

AD

About Dr.D 485 Articles
「英語の声になれる本」(角川出版)の著者。Toronto Jazz Festival出演の元プロミュージシャンで、専門学校のボイトレ講師を経て2011年にドクターDイングリッシュを立ち上げる。 英語のボイトレメソッドを取り入れた日本人向けの英語発音矯正メソッド「英語声プログラム®」を開発。日本の英語教育に発音指導を普及させるミッションを掲げ邁進中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.